本格的にオフロードを楽しむ電動アシストマウンテンバイク「XM-D2」発売

2月19日(火)19時40分 PR TIMES

[画像: https://prtimes.jp/i/3442/3367/resize/d3442-3367-559297-0.jpg ]



パナソニック サイクルテック株式会社(以下、パナソニック サイクルテック)は、2019年3月1日に電動アシスト自転車スポーツタイプ「Xシリーズ」の新製品として、前後にサスペンションを搭載し、特殊色「スペースブルー(※1)」を採用した本格的な電動アシストマウンテンバイク「XM-D2」を100台限定で発売します。

2017年9月に発売した国内初の電動アシストマウンテンバイク「XM1」は、好調な販売推移で電動アシスト自転車の新たな需要を開拓しました。2018年7月には一新した「XM1」を発売するとともに、その上位モデルとなる「XM2」、およびアーバンスポーツモデル「XU1」を投入。「Xシリーズ」のラインアップを拡充し、お客様の幅広いニーズに対応することで、電動アシスト自転車スポーツタイプの市場拡大を図りました。

今回投入する「XM-D2」は、前後にトラベル量(※2)160 mmのサスペンションを備えた、本格的なダブルサスペンション構造の電動アシストマウンテンバイクです。現行モデルである「XM2」と同様、内装2段変速マルチスピードドライブユニットを搭載し、幅広いギヤレシオ(※3)で高い走破性を実現。また、12 Ahの大容量バッテリーを搭載することで長距離走行を可能にしたほか、ハンドル幅を740 mm(※4)に広げ、27.5x2.8HEのワイドタイヤを採用するなど、オフロード走行時の操縦安定性をさらに向上させました。ボディカラーには、100台限定モデルのために用意した特殊色(光源や見る角度によって色目が変わる)「スペースブルー」を採用しています。

パナソニック サイクルテックは電動アシスト自転車スポーツタイプのラインアップ拡充と市場拡大により、休日のサイクリングや毎日の通勤などに、新たな価値の提案をしていきます。

<特長>
1. 前後160 mmトラベルのサスペンションを備えた本格的な電動アシストマウンテンバイク
2. 内装2段変速機能付きマルチスピードドライブユニットを搭載
3. 本格的な装備で、オフロードでの操縦安定性を向上

※1 光源や見る角度で見え方の変わる特殊色。
※2 衝撃を吸収するための前後車輪の可動域。
※3 低速ギヤ比から高速ギヤ比までのギヤ比の幅。
※4 普通自転車の横幅規定を超えているため自転車走行可の歩道を走行できません。

【品名】XM-D2(エックスエムデーツー)
【品番】BE-EWMD42
【カラー】スペースブルー(V)(※1)
【希望小売価格(税抜)】600,000円
【販売数量】100台限定
【発売日】2019年3月1日

【お問い合わせ先】
パナソニック サイクルテック株式会社 お客様相談窓口
電話:0120-781-603(受付 9:00〜18:00)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 本格的にオフロードを楽しむ電動アシストマウンテンバイク「XM-D2」発売(2019年2月18日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/02/jn190218-3/jn190218-3.html

<関連情報>
・パナソニック 電動アシスト自転車/自転車
https://cycle.panasonic.com

PR TIMES

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ