47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 滋賀の味 『ポテトチップス 近江牛ステーキ味』2019年3月4日(月)発売!

2月19日(火)14時40分 PR TIMES

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、名だたるブランド牛の中でも古い歴史を持つ「近江牛」を使った『ポテトチップス 近江牛ステーキ味』を数量限定・期間限定で2019年3月4日(月)、滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山(6府県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(4月中旬終売予定)。

[画像1: https://prtimes.jp/i/30525/150/resize/d30525-150-850090-0.jpg ]


【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、地元の味を再現したポテトチップスを2017年度に発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2018年度の第3弾となる滋賀の味『ポテトチップス 近江牛ステーキ味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、滋賀県庁にてワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、「近江ちゃんぽん味」や「鯖そうめん味」などのアイデアも出ましたが、ポテトチップスとの相性も考え、県が誇るブランド牛「近江牛」を使用した「近江牛ステーキ味」に決定しました。滋賀県民が愛する味わいを再現し、みんなで楽しめるポテトチップスに仕上げました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/30525/150/resize/d30525-150-442390-1.png ]

【商品特長】
「近江牛」は、豊かな自然環境と、水に恵まれた滋賀県内で最も長く育てられた黒毛和種の呼称です。
本商品は、「近江牛」のおいしさを活かし、ジューシーなステーキの味わいを再現しました。贅沢なおいしさのポテトチップスをお楽しみください。

【パッケージ特長】
背景には「近江牛」の霜降り柄をあしらいました。霜降り部分には、“隠れ琵琶湖”を9つ忍ばせています。また、パッケージ上下の帯部分は、ステーキの焼き色をイメージし、中央には食欲をそそる「近江牛ステーキ」の写真を配置しています。裏面でも「近江牛」の情報を詳しく説明しています。

【開発者からのコメント】
原料には、「近江牛」100%のビーフパウダーを使用しており、その良さを活かした「近江牛」のおいしさが味わえる商品を目指しました。「近江牛」のジューシーな旨味や、焼き目の香ばしい風味を出すのが難しく、何度も試作をし、調整を行いました。その結果、ポテトチップスとの相性も良く、間違いない味になったと思います。
滋賀県民の皆様をはじめ、たくさんの方々にお召し上がりいただけると嬉しいです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/30525/150/resize/d30525-150-535937-2.jpg ]



【商品概要】
商品名:ポテトチップス 近江牛のステーキ味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
JANコード:4901330536510
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年月3月4日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
直営店・アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢、
千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄

PR TIMES

「ポテトチップス」をもっと詳しく

「ポテトチップス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ