歌舞伎町で「ホストの神」と呼ばれる男による初の著書! 越前リョーマ『成功したいなら誰かの「推し」になれ』が光文社より2月25日(木)発売

2月19日(金)14時46分 PR TIMES

誰かの「推し」になることで、自分だけではたどり着けなかった場所までのぼりつめた男が明かす“圧倒的”勝ち方とは?

[画像: https://prtimes.jp/i/21468/748/resize/d21468-748-391141-0.jpg ]

歌舞伎町で圧倒的知名度を誇るカリスマホスト・越前リョーマ。
有名誌モデルのホストがそろう歌舞伎町屈指の最高級ホストクラブで、8年連続売上&指名本数ナンバー1の記録を誇り、今もなお連続記録を更新し続けている。

「大金を払ってでも会いたい」「推したい」と思わせる男は一体何が違うのか。
その答えは努力にある。誰よりも素直に努力すること——シンプルすぎて拍子抜けしてしまうかもしれないが、これが彼の成功哲学だ。

本書では、具体的なエピソードとともに、努力の内容を明らかにする。

 〇上は下に金を使え。下は上に気をつかえ。
 〇みんながやらないときにこそ、自分はやる。
 〇前月より低い数字を目標にするな。
 〇「してあげる」と「してもらう」のバランスを見誤るな。
 〇いつでも「今」に全力を注げ。 etc.

常に自分の最高値をたたき出すナンバー1ホストの思考法を一冊に詰め込んだ。

【「はじめに」より抜粋】
トップを目指して頑張り続けていれば、努力する姿を見てくれている人が必ずいます。
自分を「推してくれる」人が必ず出てきます。
「推してくれる」人がいると、努力をサボれなくなるし、「推してくれる」人に何かを返したいという気持ちが自分のモチベーションにもつながります。
つまり、自分が誰かの「推し」になることで、努力をやめずに自分だけではかなえられなかった場所まで行くことができると思うんです。そう、トップにしか見えない光景が広がる世界まで。

【目次】
●第1章——素直に努力する以外に、頂点を極める道はない
(わからないことは人に聞く。教えてもらったことは必ず実行する。成功したければ、素直になる/あえてのライバル発言で、ハッタリをモチベーションに変える 他)

●第2章——誰だって、自分の価値を上げることができるはず
(嫌いなことは嫌いと言う。なんでも好きっていう人の「好き」には価値がないから/一瞬の価値を高めるために、相手の気持ちを考えながら「濃い時間」をつくり出す 他)

●第3章——「お金を払ってでも会いたい人」になれ
(「いい人」は嫌われない。でも、やさしいだけのいいひとに男としての魅力はない/「小さな命令」を積み重ねて、自分が相手をリードする関係性をつくり上げる 他)

●第4章——「推される男」はこんなときどうする?
(頑張らなくちゃ、と思ってもやる気がでないとき/わからないことがあっても、人に聞けないとき/今の仕事が向いていないと感じるとき 他)

【書籍詳細】
書名:『成功したいなら誰かの「推し」になれ 自分の最高値をたたき出すナンバー1ホスト思考』
著者:越前リョーマ
発売:光文社
発売日:2021年2月25日(木)
体裁:四六判ソフト
定価:本体1,500円+税

PR TIMES

「ホスト」をもっと詳しく

「ホスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ