<新製品>体内ホルモン調整機能付モデルも選べるLED照明「ヴィーヴァ フリー(VIVAA FREE)」シリーズ 2019年3月5日(火)販売開始

2月21日(木)11時0分 @Press

間接照明のパイオニアであるドイツ・バルトマン社日本販売代理店である株式会社キャプテンインダストリーズ(東京本社:東京都江戸川区、取締役社長:山下 宏)は、人が生まれながらにしてもっている身体リズム「体内時計」に合わせ、1日の照度を自動変更して室内にいても太陽の下と同じ環境をシミュレーションし人の体内ホルモンの調整をサポートする“サーカディアンリズム機能”付加モデルも用意したフリースタンディング照明「ヴィーヴァ フリー(VIVAA FREE)」シリーズを、2019年3月5日(火)から国内販売を開始いたします。また東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2019」(3月5日(火)〜3月8日(金))の当社ブースで国内初公開いたします。
建築・設計事務所や全国の家電量販店などを中心に販路開拓し、初年度100台の販売を目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/177698/LL_img_177698_1.jpg
ヴィーヴァ フリー

ヴィーヴァ フリー URL : https://www.capind.co.jp/product/detail.php?id=173
ヴィーヴァ フリー 動画: https://www.youtube.com/watch?v=idOR5iHavGs


■販売背景
日本では「部屋全体の明るさ」を求める傾向が強く、省エネながらもエネルギー消費量が多くなりやすい「直接照明」が家庭、オフィスそして工場で利用されています。しかし昨今は、消費エネルギーに対する社会の考え方の変化もあり、以前よりも当社が長年提案している「間接照明」に高い関心をしめされるお客様が増加しており、今後は切替需要が高まると当社は考えています。

当社は、環境にも人にも優しい「ヒューマンセントリック(人間主体)」の考えを先進的な技術で具体化する開発力、そしてC2C(CRADLE TO CRADLE)認証(※1)商品を開発・販売するドイツ・バルトマン社に共感し、2013年に間接照明事業に参入。家庭、オフィスそして工場においても日本国内の節電需要に対応する高効率な間接照明の商品開発に協力しながら、国内各所への導入を通じて快適な空間づくりを提案しています。

一方で、2015年10月に発売した間接照明「ラヴィゴ」は、現在時刻を識別し太陽の光の変化をシミュレーション:人間の体内時計に合わせて正確に色温度と照度を自動調整して睡眠および人の活動をサポートしたり、通信機能により人の動きに合わせて複数の照明同士が明かりのオンオフや照度等を自動同調する機能を備え、導入いただいたIT企業様などから高い評価を得ています。

今回発表する照明「ヴィーヴァ フリー(VIVAA FREE)」シリーズは、あらゆるインテリアデザインにもマッチするフォルムながら「ラヴィゴ」に続き、体内ホルモンの調整をサポートする生物学的に有効な光をともすことができる機能付きモデルも選ぶことができるLED照明です。

当社は今後も、よりお客様の利益となり生活や生産向上にお役に立てるLED照明を利用した間接照明導入の総合的な提案を行っていきます。

C2C(CRADLE TO CRADLE)認証(※1)
「ゆりかごからゆりかごへ(CRADLE TO CRADLE)」。モノの「廃棄」という概念をなくし原材料から作られたモノを再び原材料として戻す。持続可能かつ環境に効果的なデザイン手法を研究しているドイツの経営コンサルタントMBDC社がこの考え方に基づいて設けた認証。
https://www.c2ccertified.org/


■商品特長
1.上下に発光するライト
2.クルミ染色ウッドスタンド(ヴィーヴァ フリー・ウッド)
または無煙炭スチール製支柱(ヴィーヴァ フリー・メタル)
3.ヘルスケア対応、人の活動をサポートするバイオダイナミック照明(オプション)

1.上下に発光するライト
高効率LEDチップを上下に配置し、上部は天井や壁面を照らす間接照明、下部はデスクや手元を照らす直接照明となります。直接光に対し間接光の配分率を高く設定しているため、眩しくない均一に光る優しい光を実現し、優しい光が部屋全体に広がります。

2.クルミ染色ウッドスタンド、または無煙炭スチール製支柱
独立型、または既存照明を補うために使用することができます。スタンドはクルミの外観を持つ木製脚、または粉末コーティングされた無煙炭色のスチールポールの2種類から選択いただけます。

3.ヘルスケア対応、人の活動をサポートするバイオダイナミック照明(オプション)
照明の心臓部は、1日を通じて照明レベルが自動的に変化し、生物学的に有効な光を制御するVTLシステム(※3)を付加できます。早い時間や朝はほのかに淡い明かりを提供します。日が経つにつれて照度値は上昇し、夕方には暖かくて薄暗い照明が安静〜睡眠時に役立ちます。人間のバイオリズムに寄り添う自然光のような照明を目指して開発されたのがこの「バイオダイナミック照明」で、欧州のヘルスケア現場では多数の実績と良好な実験結果も得ています。


■その他の特長
・組立てが簡単
・無煙炭布製シェード
・無段階調光機能付き(標準タイプ)
無段階で調光ができるため、食事、趣味の時間、就寝前など利用シーンに応じて調光・調色などを好みに合わせて自在に行えます。


■商品仕様
https://www.atpress.ne.jp/releases/177698/img_177698_5.jpg


■関連商品「ラヴィゴ」
https://www.capind.co.jp/product/detail.php?id=100


▼関連動画
サーカディアンリズムについて
https://www.youtube.com/watch?v=KZHr7WBykog
体内ホルモンを調整するサーカディアンリズム照明
https://www.youtube.com/watch?v=21AQsP9zdMA
ビジュアル・タイミングライト(VTL) (EN):英語
https://www.youtube.com/watch?v=itrURKJLVAY


■バルトマン社について
世界で最もユニーク、かつ革新的なオフィス/建築照明を提供するドイツの照明会社。デザインと機能・品質を高い次元で融合させ各国で多くのデザイン賞を受賞しています。アムステルダム証券取引所や駅構内・工場などの大規模施設から工作機械・電子部品・ハイテク産業・時計・歯科業界そして病院・オフィスから一般家庭まで、長年さまざまなシーンで利用され絶大な信頼を得ています。また医療オフィスや病院などヘルスケア領域で使われている「Derungs」はバルトマン社の1ブランド名です。
https://www.waldmann.com/


■会社概要
社名 : 株式会社キャプテンインダストリーズ
所在地: 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-8 キャプテンビルディング
代表者: 取締役社長 山下 宏
資本金: 9,800万円
URL : https://www.capind.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「照明」をもっと詳しく

「照明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ