職場で「忙しいはずなのに仕事が速い人」がやっている1つのこと

2024年2月21日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

職場で「忙しいはずなのに仕事が速い人」がやっている1つのこと

写真を拡大

近年、「頭の回転の速さの象徴」としてお笑い芸人が多くの場面で活躍をしている。そんなあらゆるジャンルで活躍をし続けるお笑い芸人たちをこれまで30年間指導し、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でも話題になった伝説のお笑い講師・本多正識氏による『1秒で答えをつくる力』が発刊された。ナインティナイン中川家、キングコング、かまいたちなど今をときめく芸人たちをこれまで1万人以上指導してきた本多氏の仕事に対する考え方をオリジナル記事としてお届けする。

Photo: Adobe Stock

「忙しいはずなのに仕事が速い人」がやっていること

「忙しいはずなのに仕事が速い人」というのがいます。他の人よりも仕事量は圧倒的に多いはずなのに、遅れもなく質の高い仕事をする人です。こういった人はどんな職場でも重宝されるでしょう。

 そんな、忙しいはずなのに仕事が速い人がやっていることがあります。それは「自分で悩まずにすぐ人に相談すること」です。どういうことか見ていきましょう。

 まず、仕事が遅い人は、自分のところで仕事を止めてしまう傾向にあります。それはわざとではなく、多くの場合は責任感が空回りしてます。「中途半端なものは見せられない」「まわりの人に迷惑をかけないように自分でやらなければ」そんな思いで仕事を止めてしまうのです。

 自分の仕事に責任を持つことは大事ですが、だからといって仕事を止めてしまっては意味がありません。

 加えて、仕事を自分のところで止めてしまうと、まわりの人からは進捗が全く見えず、プロジェクト全体の進行が不安定になります。自分の仕事が止まるだけならまだしも、チーム全体にまで影響が出てしまうのは誰もが避けたいところでしょう。


続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「仕事」をもっと詳しく

「仕事」のニュース

「仕事」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ