銀行が信用力に問題がある「ゾンビ企業」の融資を切れない理由

2月22日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo:DOL

写真を拡大


最近、銀行が「決算が苦しいので、信用力に問題がある融資でも構わず貸している」という報道を目にする機会が増えた。銀行が、今期の決算だけを考えて行動しているとすれば大問題だが、実はそうした「ゾンビ企業」を生かしておく方が得だという事情もあるのだ。どういうことなのだろうか。(久留米大学商学部教授 塚崎公義)


背に腹は代えられないという

銀行の事情


 現在、地銀の置かれた状況は非常に厳しい。まず、「ゼロ金利」であるため、預金部門のコスト分がそっくり赤字になるからだ。


 銀行の本業は、預金を集めてそれを貸し出し、利ざや(貸出金利と預金金利の差)を稼ぐことだが、これを預金部門と融資部門に分けて考えてみよう。


 預金部門は、集めた資金を他行に市場金利(現在はゼロ)で貸し、融資部門は必要な資金を他行から借りる。となると、預金部門は収入がゼロだから、コスト分だけそっくり赤字となる。


 ゼロ金利で他行が貸してくれるのに、わざわざ預金部門が人件費を払ってまで預金を集めているのは、将来ゼロ金利でなくなったときに備えてのことであり、今期の決算としてはコスト分だけ全て赤字になる。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「銀行」をもっと詳しく

「銀行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ