話題の韓国ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出(原題)」主演!“アジアの女神”韓国俳優パク・シネ来日ファンミーティング開催決定!

2月22日(金)15時40分 PR TIMES

2019 PARK SHINHYE Fanmeeting (仮題) 5月11日(土)<東京> 山野ホール

好評のうちに放送を終了した「アルハンブラ宮殿の思い出(原題)」で主演を務め、一人二役を完璧に演じ切った“アジアの女神”パク・シネが、今年5月に日本でのファンミーティングを開催することが決定しました!!

2019 PARK SHINHYE Fanmeeting (仮題)

 ◇日時:2019年 5月 11日(土)
     15:00開場 / 16:00開演
 ◇会場:山野ホール (東京都渋谷区代々木1-53-1)

[画像: https://prtimes.jp/i/7745/249/resize/d7745-249-426039-0.jpg ]



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

好評のうちに放送を終了した「アルハンブラ宮殿の思い出(原題)」で主演を務め、一人二役を完璧に演じ切った“アジアの女神”パク・シネが、今年5月に日本でのファンミーティングを開催することが決定しました!!

ドラマだけでなく、映画やCM、モデルと幅広く活躍し、韓国国内にとどまらずアジアで大人気のパク・シネが、約1年半ぶりに日本でファンミーティングを開催するとあって期待が高まります。

今回も通常のチケットとは別に、パク・シネの写真集付きチケットを販売。写真集の収益金は、パク・シネ本人が広報大使を務める飢餓対策の“星の光 天使プロジェクト”に寄付されます。

パク・シネ ジャパンオフィシャルファンクラブ(https://parkshinhye.jp)では、チケットのファンクラブ先行販売を実施!前回の来日ファンミーティングでは早々にチケットが完売したため、このチャンスをお見逃しなく!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2019 PARK SHINHYE Fanmeeting (仮題)

【日時】2019年 5月 11日(土)
    15:00開場 / 16:00開演

【会場】山野ホール (東京都渋谷区代々木1-53-1)
    http://www.yamanohall.com/

【チケット料金】
 (チケットのみ) 10,800円
 (写真集付きチケット) 15,800円
   ★写真の収益金は、飢餓対策“星の光 天使プロジェクト”へ寄付されます。

   ※3歳以下入場不可、4歳以上有料
   ※全席指定・税込

【お問い合せ】株式会社バッドニュース
       TEL: 03-6416-1515(月〜金 10:00〜18:00)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット発売スケジュール】

 ◆ファンクラブ先行:2019年 3月 9日(土)11:00 〜 3月 17日(日)23:59
  ※詳細はパク・シネ ジャパンオフィシャルファンクラブにてご確認ください!
   ⇒ https://parkshinhye.jp

 ◆チケットぴあ最速先行:2019年 3月 20日(水)18:00 〜

 ◆LINEチケット先行:2019年 3月 29日(金)18:00 〜

 ◆一般プレイガイド先行:2019年 4月 4日(木)10:00 〜

 ◆一発発売:2019年 4月 13日(土)10:00 〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■主催 : S.A.L.T ENTERTAINMENT / 株式会社TIMO Japan

■企画 : S.A.L.T ENTERTAINMENT

■制作 : 株式会社エムダッシュ

■協力 : PARK SHINHYE JAPAN OFFICIAL FANCLUB / 学校法人 山野学苑

■制作協力・運営 : 株式会社バッドニュース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パク・シネ(Park Shin Hye)
1990年2月18日
168cm/血液型A型
2003年MV イ・スンファン「花」でデビュー

◆主な出演作品◆
【ドラマ】
 「アルハンブラ宮殿の思い出(原題)」 (2018年)
 「ドクターズ〜恋する気持ち」(2016年)
 「ピノキオ」(2014年)
 「相続者たち」(2013年)
 「隣のイケメン」(2013年)
 「オレのことスキでしょ」(2011年)
 「美男<イケメン>ですね」(2009年)
 「宮S」(2007年)
 「天国の木」(2006年)
 「天国の階段」(2003年)

【映画】
 「沈黙」(2016年)
 「あの日、兄貴が灯した光」(2016年)
 「ビューティ・イン・サイド」(2015年)
 「尚衣院」(2014年)
 「シラノ・エージェンシー」(2010年)
 「伝説の故郷」(2007年)
 「トカゲ」(2005年)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼▼本プレスリリースは、下記URLからダウンロードをしてお受取りください▼
https://prtimes.jp/a/?f=d7745-20190222-7068.pdf

PR TIMES

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ