2月22日は「忍者の日」空港スタッフが忍者衣装でおもてなし

2月22日(金)18時40分 PR TIMES

中部国際空港で働くスタッフが訪日旅行客を中心に人気の”サムライ””ニンジャ”に扮して通常業務に当たり、空港内を盛り上げました

[画像1: https://prtimes.jp/i/24522/114/resize/d24522-114-938245-5.png ]

中部国際空港(所在地:愛知県常滑市、以下「セントレア」)では、地域の魅力ある観光資源であるサムライやNINJAと外国人観光客のニーズを結びつけた「サムライ×NINJA空港プロジェクト」を2018年7月から展開し、2019年2月1日からは「サムライ×NINJAウィーク」と題して様々な取り組みを進めています。

2月22日には、”ニンニンニン”の語呂合わせにちなんで、「忍者の日」と題し、空港内の様々な場所で働くスタッフ約50名が忍者衣装を着用して普段行っている業務に就きました。このほか、約3,500名がオリジナルの「忍務中バッジ」を着用し業務にあたりました。

1.セントレアにおける「忍者の日」の取組み紹介


空港スタッフが忍者衣装を着用


[画像2: https://prtimes.jp/i/24522/114/resize/d24522-114-544496-3.jpg ]

航空会社、清掃、セグウェイツアーガイド、ボランティアなど総勢50名が忍者の衣装を着用してお客様のおもてなしや清掃業務など通常の業務にあたりました。



空港スタッフによるオリジナル忍務中バッチ着用


[画像3: https://prtimes.jp/i/24522/114/resize/d24522-114-650932-6.jpg ]

空港内の店舗スタッフや案内スタッフ、警備、行政機関など総勢3,500名ののスッタフがオリジナル”忍務中”バッチを着用して業務にあたりました。


その他の取り組み約150体のオリジナルのぼりを空港内各所に設置し、「忍者の日」の雰囲気を盛り上げています。
また、館内各所のエスカレーターには利用時の注意喚起イラストを掲出し海外の方にも注目していただけるよう案内しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/24522/114/resize/d24522-114-665237-1.png ]



2.「忍者の日 出陣式」について
「忍者の日」を広くお知らせするために、4階イベントプラザステージでは、忍者衣装をまとった空港スタッフや空港内保育園の園児、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」らが集結し、出陣式を行いました。



[画像5: https://prtimes.jp/i/24522/114/resize/d24522-114-688375-4.jpg ]


3. 「サムライ×NINJA」プロジェクトのこれまでの取組み
セントレアでは、武将や忍者の故郷である中部地域のゲートウェイとして、毎月22日を「ニンニン」の語呂に合わせて「忍者の日」と定め、サムライと忍者による空港内でのおもてなしや手裏剣体験などの各種イベントを実施しています。
また、2018年12月より、セントレアで人気のセグウェイ・ガイドツアーのインストラクターや空港ボランティアが忍者に変身して活動するなどのおもてなし活動を拡大して実施しています。



2018年7月 サムライ×NINJA空港プロジェクトスタートセレモニーの実施
2018年7月 出発カウンター上部の忍者、エスカレーター装飾、フーモニュメント装飾
2018年7月〜9月 夏休み期間中 空港内に忍者が毎日出陣
2018年8月 サムライ×NINJA戦国教室の実施
2018年8月 忍者ショーと手裏剣体験の実施



2018年9月〜 毎月22日にセントレア忍者の日として各種PRを実施
2018年11月 期間限定で国際線到着ロビーにVR を活用した忍者世界体験ブースを設置
2018年12月 忍者セグウェイ・ガイドツアー開催
2019年1月 忍者フェスティバル2019を開催
2019年1月 忍者ボランティア実施
2019年1月 第4回「全国武将隊大博覧会」 開催
2019年2月 「サムライ×NINJAウィーク」。館内装飾ならびに関連商品販売どきなど

PR TIMES

「忍者」をもっと詳しく

「忍者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ