「LINE」を活用した「おくるま撮影サポート」サービスを開始

2月21日(金)23時55分 PR TIMES

〜ガイダンスに沿ったお車の損害写真撮影により、スムーズな保険金請求手続きが可能になります〜

 セゾン自動車火災保険株式会社(代表取締役社長:梅本武文、以下「セゾン自動車火災」)は、ダイレクト型損保初*「LINE」アプリ上でガイダンスに沿ってお車の損害写真を送信できる「おくるま撮影サポート」サービスを2020年2月20日から開始しました。
 *セゾン自動車火災保険調べ

1. 導入の背景・目的
 お客さまが保険金を請求する際、お車の損害額の確認に必要な損害写真をお客さまご自身にご用意いただく場合があります。お客さまにとって分かりづらい点もあった写真撮影を簡単にできるよう、お車の損害写真の撮影をサポートする機能を開発しました。
 事故対応において、身近で手軽に利用できる「LINE」を活用したサービスを拡大してご提供することで、スムーズな保険金のお支払いを実現します。

2. サービス内容
(1)「おくるま撮影サポート」サービスの概要
 お客さまが保険金請求に必要なお車の損害写真を撮影する際、スマートフォン画面上に撮影方法のわかりやすいガイダンスが表示され、簡単に損害額の確認に必要な画像を撮影することができます。そのまま事故担当者へ送信することができ、スムーズな保険金請求手続きが可能となります。
[画像: https://prtimes.jp/i/33692/15/resize/d33692-15-816144-0.png ]

(2)サービス利用方法
 事故連絡受付後、必要に応じて事故担当者が本サービスをLINEのトークルーム上に送信します。お客さまは、トークルーム上に届いたメッセージをタップするだけで「おくるま撮影サポート」を利用することができます。

(ご参考)
 上記サービスに加え、その他のLINEサービスについても特設ページでご案内しています。
 ぜひご覧ください。
 URL:https://www.ins-saison.co.jp/otona/line/

3. 今後の展開
 「LINE」をプラットフォームとした、さらに簡便かつ迅速にお手続きできるサービスの開発を進めます。なお、現在「LINE」を活用した「異動(契約内容の変更)手続き」と、「事故受付」のサービスを開発しています。
 セゾン自動車火災は、「お客さま本位の業務運営方針」を定め、「お客さま一人ひとりに納得感を持って選んでいただける保険会社」を目指しています。引き続き、高品質な商品やサービスの提供に努めてまいります。
※「お客さま本位の業務運営方針」および主な取組み状況は、ウェブサイト(https://www.ins-saison.co.jp/company/fiduciaryduty.html)で公表しています。

PR TIMES

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ