部長でも役員の仕事をしてくれる人のたった1つの特徴

2024年2月24日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

部長でも役員の仕事をしてくれる人のたった1つの特徴

写真を拡大

年収が上がらない、モチベーションが上がらない── そんな悩める人たちに「圧倒的に面白い」「共感と刺激の連続」「仕組み化・ノウハウ化がすごい」と話題なのが、森武司著『スタートアップ芸人 ── お笑い芸人からニートになった僕が「仲間力」で年商146億円の会社をつくった話』だ。FIDIA(フィディア)の森社長は、吉本のお笑い芸人引退後、4年間の引きこもりニート、家電販売員を経て仲間と起業。現在年商146億円、Financial Times「アジア太平洋地域急成長企業ランキング 未上場日本一」、「ベストベンチャー100」受賞、経済産業省選定「地域未来牽引企業」、11事業すべて黒字化、新卒500人採用、創業以来18年連続増収増益を果たした。また、素人ながら化粧品開発に取り組み、あの資生堂を抜き、アマゾン年間売上1位となった注目の経営者でもある。その秘密はデビュー作で一挙公開した「仲間力アップマル秘マニュアル」の6大奥義にあるという。今回は本書の一部を抜粋・編集しながら人生大逆転の法則を見ていこう。

Photo: Adobe Stock

部長でも役員のような仕事をしてくれる人とは?

 事業で押さえるポイントは3つしかない

 集客数、成約率、客単価(ライフタイムバリュー:LTV)だ。

 100年前のビジネスも100年後のビジネスも、この3つしかないと断言できる。

 逆にいうと、売上をつくるのは3つの要素しかないのだ。

 それを必要に合わせて最適化する。 これが経営のコツといえる。

 だから役員会議でも、集客数を増やすのか、成約率を上げるのか、客単価を上げるのかを徹底的に考える。

 会社の売上を上げる方法は無限にあるが、客数がほしいのか、成約率を上げたいのか、客単価を上げたいのかと絞れれば、少なくとも打ち手は3分の1になる。

 そのうえで予算を度外視して打ち手を出し、費用対効果が高そうな上位3つのアクションを地道に繰り返す。 これが鉄則だ。

 この考え方を身につけた社員は、その後役員の考え方に近づき、部長であっても役員のような仕事をしてくれるようになる。

(本稿は『スタートアップ芸人 ── お笑い芸人からニートになった僕が「仲間力」で年商146億円の会社をつくった話』の一部を抜粋・編集したものです)

ダイヤモンドオンライン

「仕事」をもっと詳しく

「仕事」のニュース

「仕事」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ