甦る、初版由来の“青い新明解” 『新明解国語辞典 第七版 特装青版』を限定発売!

2月27日(月)11時57分 PR TIMES

SHARP製ペン型スキャナー辞書「ナゾル」が抽選で当たる読者プレゼントキャンペーンを実施!!

株式会社三省堂(東京都千代田区 代表取締役社長 北口克彦)は、『新明解国語辞典 第七版 特装青版』を2017年2月27日(月)より初刷限定で発売いたします。「日本で一番売れている小型国語辞典」(明解国語辞典刊行から新明解国語辞典第七版までの累計。三省堂調べ)に新たなラインナップが加わります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/14647/27/resize/d14647-27-996959-0.jpg ]


今回、じつに45年ぶりに復活する“青い新明解”には歴史と由来があります。

新明解国語辞典の前身『明解国語辞典』は1943年(昭和18年)、戦火の激しい時代に新しい国語辞典として創刊されました。戦後、時を経て、1972年(昭和47年)に『新明解国語辞典』として生まれ変わり、2012年(平成24年)刊行の第七版まで版を重ね、今日に至っています。

「新たなるものを目指して」編集された『新明解国語辞典』が誕生した1972年。この新機軸となる辞書を売り出すにあたり、当時の辞書の保守的なイメージを払拭する、カラフルな表紙デザインが採用されました。「赤版」「白版」「青版」の三色が一斉に発売され、全国の書店を席巻しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/14647/27/resize/d14647-27-824866-1.jpg ]

当時この販売戦略は成功し、目標75万部のところ第一年で85万部を達成しました。その後もつぎつぎと版を重ね、最も多くの発行部数を誇る小型国語辞典(明解国語辞典刊行から新明解国語辞典第七版までの累計。三省堂調べ)に成長するまでになりました。1974年(昭和49年)刊行の第二版以降、青版は一旦姿を消してしまいますが、このような由来のある「青版」を、現行の『新明解国語辞典 第七版』の内容をそのままに、現代のデザインで復活させたのが今回の企画です。

すでに刊行している『新明解国語辞典 第七版』(赤)、『新明解国語辞典 第七版 特装版』(白)とあわせ、実に45年ぶりに三色が揃いました。なお、『新明解国語辞典 第七版 特装青版』は初刷のみの特別限定企画として発売いたします。

【前身の『明解國語辭典』から『新明解国語辞典』までの歩み】


1943(昭和18)年 明解国語辞典 発行
1952(昭和27)年 明解国語辞典 改訂版 発行
1972(昭和47)年 新明解国語辞典 発行 総収録語数約7万 1,248ページ
1974(昭和49)年 第二版 発行 総収録語数約7万 1,248ページ
1981(昭和56)年 第三版 発行 総収録語数約7万2千 1,328ページ
1989(平成元)年 第四版 発行 総収録語数約7万3千 1,472ページ
1997(平成 9)年 第五版 発行 総収録語数約7万5千 1,600ページ
2005(平成17)年 第六版 発行 総収録語数約7万6千5百 1,696ページ
2012(平成24)年 第七版 発行 総収録語数約7万7千5百 1,728ページ




【『新明解国語辞典 第七版 特装青版』読者プレゼントキャンペーンを実施】

[画像3: https://prtimes.jp/i/14647/27/resize/d14647-27-157091-4.jpg ]


『新明解国語辞典 第七版 特装青版』をご購入いただいた方へ、感謝の気持ちを込めた読者プレゼントキャンペーンを実施します。知らない言葉や、わからない英単語の意味が、なぞるだけで調べられるSHARP製ペン型スキャナー辞書「ナゾル」の国語モデル/英和モデルをそれぞれ抽選でプレゼントいたします。また、抽選にもれた方からさらに抽選で「『新明解国語辞典』オリジナルデザインの特製湯呑み」が当たるWチャンスもご用意しております。

『新明解国語辞典 第七版 特装青版』読者プレゼントキャンペーンについては下記Webページをご参照ください。
http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/ja/smk_kok7/blue/

[画像4: https://prtimes.jp/i/14647/27/resize/d14647-27-534787-5.jpg ]



SHARP製ペン型スキャナー辞書「ナゾル」の国語モデルには三省堂「スーパー大辞林3.0」の辞書データが、英和モデルには三省堂「グランドコンサイス英和辞典」の辞書データが搭載されています。詳しい内容は下記Webページをご覧ください。
http://www.sharp.co.jp/penjisho/

【刊行記念オリジナルパンフレットを書店で配布します】


特装青版の刊行を記念して、「新明解国語辞典」の特徴がわかるクロス8ツ折りパンフレットを制作し、全国の主要書店で配布します。パンフレットでは歴代の『新明解国語辞典』を写真とともにご紹介。さらに、デーブ・スペクターさんが『新明解国語辞典』との出会いや語学学習の極意について語った記事を再掲しています(初出は2012年2月発行「新解さん新聞vol.3」)。パンフレットは初回限定で配布しますので、お早めにご覧ください。



[画像5: https://prtimes.jp/i/14647/27/resize/d14647-27-888995-2.jpg ]

【商品概要】
■日本で一番売れている小型国語辞典(明解国語辞典刊行から新明解国語辞典第七版までの累計。三省堂調べ)
■シャープな語釈、実感あふれる用例で抜群の人気を誇る国語辞典

書名:新明解国語辞典 第七版 特装青版
著者:山田忠雄・柴田武・酒井憲二・倉持保男・山田明雄・上野善道・井島正博・笹原宏之 編
定価:本体3,000円+税
発売日:2017年2月27日(月)より(発売日は地域によって異なります)
体裁:B6判/1,728ページ
ISBN:978-4-385-13109-2
本書についての詳しい内容は下記Webページをご覧ください。
http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/ja/smk_kok7/

【ネット書店でのご購入はコチラ】


Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4385131090/
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14647117/
honto http://honto.jp/netstore/pd-book_28265975.html
三省堂ウェブショップ http://shop.sanseido-publ.co.jp/item/00002211.html


【三省堂について】
会社名:株式会社三省堂
本社所在地:〒101-8371 東京都千代田区三崎町2丁目22番14号
創業:1881年(明治14年)4月8日
代表取締役社長:北口克彦
従業員数:159名(2017年1月1日現在)
資本金:7,000万円
事業内容:辞書、事典、学習図書、一般図書、電子出版物、小学校・中学校・高等学校教科書の出版・販売、情報提供サービス
URL: http://www.sanseido.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社三省堂 営業局 販売部 販売宣伝課
Tel:03-3230-9562
E-mail:www-info@sanseido-publ.co.jp

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

国語辞典をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ