TMJ、「札幌市ワーク・ライフ・バランスplus企業」として認証を取得

2月27日(水)12時40分 PR TIMES

〜ワーク・ライフ・バランスと女性の活躍を積極的に推進〜

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下TMJ)は、「札幌市ワーク・ライフ・バランスplus企業」の認定を取得しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/40416/5/resize/d40416-5-555738-0.png ]

札幌市では「仕事と子育ての両立」を支援するため、2008年からワーク・ライフ・バランス推進事業を実施し、ワーク・ライフ・バランスに積極的に取り組む企業を独自の基準で認証しています。2018年には従来のワーク・ライフ・バランスに、女性活躍に関する要素を加えた新たな企業認証制度として創設されました。TMJは2010年に「札幌市ワーク・ライフ・バランス企業」の「ステップ3:先進取組企業」の認証を取得しており、今回新たに「札幌市ワーク・ライフ・バランスplus企業」として認証を取得しました。

【取り組みの一例】


短時間勤務や始業・終業時刻の繰上げ・繰下げによる勤務ができる
未取得の年次有給休暇を積み立てることができる
結婚や出産が、昇任、昇格のうえで妨げにならないように配慮している
就労形態にかかわらず、公正な処遇や能力開発機会が確保されている
女性従業員間のネットワーク作りを推進している


TMJは、今後も社員一人ひとりが活躍できるよう、多様な働き方を可能とする取り組みを推進してまいります。


株式会社TMJについて(http://www.tmj.jp)

TMJは、株式会社福武書店(現・株式会社ベネッセコーポレーション)のインハウスコールセンターより独立分社化する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコールセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供しています。2017年には、セコムグループの100%子会社となり、より強固で安全性の高いグループネットワークを活かし、クライアントビジネスの成功をサポートします。

PR TIMES

「ワーク・ライフ・バランス」をもっと詳しく

「ワーク・ライフ・バランス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ