「あの人は本当に仕事の能力が高い」と職場で言われる人が持っている1つの考え方

2024年2月28日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

「あの人は本当に仕事の能力が高い」と職場で言われる人が持っている1つの考え方

写真を拡大

近年、「頭の回転の速さの象徴」としてお笑い芸人が多くの場面で活躍をしている。そんなあらゆるジャンルで活躍をし続けるお笑い芸人たちをこれまで30年間指導し、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でも話題になった伝説のお笑い講師・本多正識氏による『1秒で答えをつくる力』が発刊された。ナインティナイン中川家、キングコング、かまいたちなど今をときめく芸人たちをこれまで1万人以上指導してきた本多氏の仕事に対する考え方をオリジナル記事としてお届けする。

Photo: Adobe Stock

「あの人は本当に仕事の能力が高い」と職場で言われる人が持っている考え方

 皆さんのまわりに「仕事の能力が高い人」はいますでしょうか。どんな仕事でも一定以上の成果をあげられるような人です。こういった人はどんな職場でも重宝されるでしょう。

 そんな、仕事の能力が高い人が持っている考え方があります。それは「上手にまわりの力を借りること」です。どういうことか見ていきましょう。

 先に白状すると、かつての私は、上手にまわりの力を借りることが全くできていませんでした。それは駆け出しの漫才作家だった頃の話です。

 私は当時から仕事が好きだったので、いただける仕事はなんでも二つ返事で引き受けていました。最初は仕事が増えていく喜びが優っていて何も問題はなかったのですが、あるタイミングから、自分一人ではこなせないような仕事量になっていきました。

 しかし、一度引き受けた仕事です。やらないわけにはいきません。加えて、私はまだ漫才作家として新人だったので、一度休んだら別の人に席を奪われてしまうのではないかという恐怖もありました。

 ですから、私は寝る間を削ってひたすら働いていたのですが、それでも仕事が終わらなかったのです。そんなあるとき師匠と一緒になる機会がありました。一目でわかるほど、私は疲れていたのでしょう。心配した師匠が「どうした?」と声をかけてくれました。私が事情を説明すると師匠からはこんな言葉が返ってきました。


続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「仕事」をもっと詳しく

「仕事」のニュース

「仕事」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ