全国1000人以上の外国人講師を抱えるNOVA、2020年教育改革の新指導要領に対応した『中高生向けコース』を新設

2月28日(木)11時40分 PR TIMES

英語4技能5領域を鍛えて社会に役立つ表現力を養う中高生コース(2019年4月より提供開始)

NOVAホールディングス株式会社のグループ会社で英会話事業を行う株式会社NOVA(本社:東京都港区、
代表取締役社長:隈井 恭子)は、2020年の英語教育改革を見据え、中高生を対象とした新たなコースを開設し、2019年4月より全国のNOVAのスクールで開講致します。

英語教育が根本的に見直される2020 年からの教育改革では、中学・高校の英語授業や大学入試においても様々な改定が施行されます。まず中学・高校の英語授業はすべて英語で行われることが基本となり、さらに高校では「論理・表現」の科目が新設、スピーチやプレゼンテーションなどのスキルが求められるようになるなど、従来に比べ、中学生や高校生の段階で「英語で伝える力」そのものを総合的に身につけることが必要になっていきます。

この英語教育改革を背景として、当社では学校教育に必要な基礎文法を理解することはもちろん、「英語で表現する力」「様々なことを伝える力」「社会に役立てていく力」を養うことを重点目標に、新たに「中高生コース」のリリースを決定。2019年4月からの開講に向け、全国のNOVAのスクールで生徒募集を開始しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/39906/10/resize/d39906-10-463074-0.jpg ]


日本の英語教育環境について
文部科学省の平成27年度実績では、外国語指導助手(ALT)の外国語の授業における活用率は小学校で61.7%あるのに対し、中学校では22.1%、高校で9.7%となっています。これに対し、NOVAでは全員外国人講師によるオールイングリッシュのレッスンを提供、お子様のレベルに合わせて基礎となる4技能から英語での思考力、表現力を身につけられることを目指しています。

NOVAについて
中高生に対して、これからより必要とされる『英語で考え・発信する力』を習得できる環境を提供することは、全国に英会話教室を展開する当グループの大きな役割と考え力を注いでいます。このたびの「中高生コース」の開設の他、春休みを利用した短期ワークショップ『English Day Camp』や、海外短期留学『春’留学』『夏’留学』などを実施、今後も中高生の生徒様に向けた様々な英語学習、異文化コミュニケーションの機会を提供してまいります。

【会社概要】
■ホールディングス会社概要
会社名: NOVAホールディングス株式会社
代表者: 代表取締役社長 稲吉 正樹
企業ホームページ: https://nova-holdings.jp/

■事業会社概要
会社名: 株式会社NOVA
代表者: 代表取締役社長 隈井 恭子
企業ホームページ: https://www.nova.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
NOVAお問い合わせ窓口
フリーダイヤル:0120-324-929   
受付時間(月曜〜土曜日)10:00〜22:00 (日曜日)10:00〜19:00

PR TIMES

「NOVA」をもっと詳しく

「NOVA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ