クックパッドTVが立命館大と連携 食をテーマにした教育プログラム提供へ

2月28日(木)8時32分 財経新聞

 料理レシピサイトを運営するクックパッドの子会社クックパッドTV(東京都品川区)と立命館大学(京都市北区)は26日、食に関する教育・研究活動を推進するため、連携協定を結んだと発表した。クックパッドTVは2019年度、立命館大のびわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)にある「食マネジメント学部」にて、食を題材にしたコミュニケーションや情報発信について学ぶ教育プログラムを学生向けに行うという。

【こちらも】クックパッド、自動調理の実現に向け10社と連携

 立命館大学食マネジメント学部は、日本初の食の総合研究学部として2018年4月に開設。食文化や食品の加工、食に関わるビジネス、フードサービス業界のマネジメントなどについて研究している。

 一方、クックパッドTVも2018年4月に設立された動画配信事業会社で、タレントなどを使った料理レシピ動画の配信や、レシピ撮影用の専用スタジオの運営などを行っている。また料理のレシピ開発や、動画・写真での魅力的な料理の撮影方法、SNS運用など料理の見せ方に特化した民間資格「キッチンスター」を運営している。

 連携によって最初に取り組むのは、キッチンスターのカリキュラムを元にした教育プログラムの展開。「現代における食を題材としたコミュニケーションや情報発信のありかた」をテーマに、食を題材にしたSNSやブログ、映像などによるコミュニケーションの方法や、それを使ったビジネスについて、2回生以上の学生を対象に実習などを交えた授業を行うという。

 食マネジメント学部の朝倉敏夫学部長は「食はコンテンツとして大変魅力的で、食コンテンツを題材としたビジネスは今後、ますます広がりを見せるチャレンジングなもの」と話し、「今回の連携によって、食の新しい領域に踏み込み、世界に向けて自分を表現できる力を育む教育プログラムを展開していきたい」と語っている。

財経新聞

「クックパッド」をもっと詳しく

「クックパッド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ