ジェットスターグループ 新たなユニフォームを発表

2024年2月29日(木)15時16分 PR TIMES

・ジェットスターグループ20年ぶりに新しいユニフォームを発表
・オーストラリアのファッションデザイナー、ジェネヴィーヴ・スマートによるデザイン
・機内や地上での着用テストには日本を含むグループ全体からスタッフが参加

[画像1: https://prtimes.jp/i/12437/195/resize/d12437-195-e5ffc7552873c59a288f-0.jpg ]

ジェットスターグループ(本社:オーストラリア メルボルン、グループCEO:ステファニー・タリー)は本日、低運賃の空の旅の新時代を切り拓き、就航20周年を迎えるにあたり、ユニフォームを一新することを発表しました。

新たなユニフォームは、オーストラリアの著名なファッションデザイナー、ジェネヴィーヴ・スマート(Genevieve Smart)がデザインしたもので、過去12ヶ月間にわたり、ジェットスターの運航乗務員(パイロット)、客室乗務員(キャビンクルー)、空港地上職スタッフ40名とともに最終的なデザインを完成しました。

このユニフォームは2024年後半から、オーストラリア、ニュージーランド、日本、シンガポールの5,000人を超えるスタッフが着用を開始する予定です。

パイロットのユニフォームは、従来の黒から新たに濃紺を基調とするものに変更し、スタイリッシュなカッティング、新しい肩章、首元のスカーフタイのオプションを特徴としています。

キャビンクルーと空港スタッフには、濃紺とオレンジのブレザー、シャツワンピース、スカート、テーパードパンツ、ポロシャツ、コートなど、個人のスタイルや好みに合わせたさまざまなオプションを用意しています。

新ユニフォームの色には、航空機の窓から見える朝日と夕日をイメージしたソフトなオレンジと濃紺を採用しました。

ジェットスターの現行のユニフォームは、ブロックテックス社(BlockTexx)との協業により、自然環境に配慮したサステナブルな手法で廃棄されます。同社のリサイクル技術は繊維製品を原料に変えることができるものです。

ジェットスターグループ CEO ステファニー・タリーは、次のようにコメントしています。
「このユニフォームは当社、社員、そしてお客さまにとって新しい時代の始まりを象徴しています。 私たちは社員の声に耳を傾け、就航から20周年を迎えるにあたり、次の10年を見据えてこれまでの歩みを表すユニフォームを社員と共に作りたいと考えました。ジェネヴィーヴ・スマートによる新しいデザインのユニフォームは、すべての人に対応でき、自分が着たいものをより自由に選べるようになっています」

「現行のユニフォームを新たな製品に再利用するなど、サステナブルであることはこのプロセスの重要な部分でした」

「新しいユニフォームは、今年5月に20周年を迎えるにあたり、新機材の導入、新路線、国際線のワイドボディ機材への新しい客室の導入に対する投資とともに、お客さまがよりお手頃な運賃で、より多くの旅行先へ、より頻繁にフライトできるようにするためのものです」

ジンジャー&スマートの共同設立者兼クリエイティブ・ディレクターのジェネヴィーヴ・スマートは、次のようにコメントしています。
「ユニフォームのデザインは、飛行機の窓から見える朝日と夕日からインスピレーションを得ました。この機窓からの風景が、お客さまやスタッフにとってジェットスターがどのような存在かを象徴するものと感じました。ジェットスターのユニフォームをデザインするクリエイティブな旅は、会社のビジョンと楽しさ、仲間との絆、休暇、気軽な旅行という同社の中核となるテーマを深く掘り下げることから始まるすばらしい冒険でした。デザインするにあたり、地図を見る時のワクワク感、現地でのさまざまなアクティビティについて思いを巡らし、目的地に到着する時のドキドキする気持ちなど、旅先への期待感に焦点を当てました」

「黒からのダイナミックな濃紺とオレンジへの広がりは、過去20年間のジェットスターの変遷の旅を反映しています。一方で、ユニフォームは、休暇を過ごす際に直感的にスーツケースに入れるような服装であることを念頭にデザインし、リネンのジャケット、コットンのチノパン、シャツワンピース、ポロシャツなどを用意しました」

ジェットスターグループ社員40人が、最近実施した新しい生地での着用テストを含め、デザインプロセス全体に関わりました。

【新ユニフォームについて】
ステラー コレクション (Stellar=星、輝かしい)
コレクションの中心はジェットスタープリント。シルエットは、プロフェッショナルなエッジを保ちながら、休暇への期待をさらに盛り上げるよう考え抜かれてデザインされています。このコレクションの核となるのは、時代を超越し流行に左右されない万能なシャツワンピースで、さまざまな体型にフィットし、快適でありながら動きやすく、仕事の場にふさわしいスタイルとなっています。

スマートカジュアルの要素を取り入れたジャケットは、リラックスしたフォルムが特徴で、リネンのような風合いの生地で作られています。オレンジ色のジャケットは完全に刷新され、フレッシュなシルエットと輝くようなオレンジの色合いを特徴とし、濃紺のジャケットはモダン・クラシックなスタイルです。

パンツとスカートは現代的なデザインで、コレクション全体のモダンな美学を表しています。プリント地のテーマを反映したクラシックなコットン・シャツは、落ち着いた濃紺の色調で、プリントと連動するオレンジ色の細い縁取りが施されています。

スポーティなベルトにはストライプのデザインが施され調節が可能です。休暇中に見る朝日や夕日にインスパイアされ、ユニフォーム全体にスタイルと快適さを統合するものとなっています。

ホライゾン コレクション (horizon=水平線)
コンテンポラリー(現代的)なテクスチャーと色を重ねたホライゾン コレクションは、旅先での着こなしをイメージしてデザインされました。リネンのような素材によるジャケットにクラシックなシャツを合わせ、クラシックフィットとテーパードフィットのいずれかのパンツから自分に最適なスタイルを選ぶことができます。ステラー コレクション同様、調節可能でスポーティなベルトにはストライプのディテールが施され、コーディネートを完成します。ベルトのスタイルと快適さが休暇をイメージしながらもユニフォームにシームレスに統合されています。

パイロット コレクション
洗練され上質、かつタイムレスなモダン・クラシックスタイル。濃紺を基調とした、シャープでモダンなカットが特徴のテーラード・スーツとして一新されました。

スリムなネクタイには、星型のジャカード柄をさりげなく取り入れ、一新された他のユニフォームコレクションとの統一感を与えます。

パイロットからのフィードバックに応え、肩章、ブレード、ウイングバッジも一新し、プロフェッショナルなスタイルを実現しました。

新ユニフォーム特別サイト:https://www.jetstar.com/jp/ja/takeoff
Instagram:https://www.instagram.com/jetstar_japan

[画像2: https://prtimes.jp/i/12437/195/resize/d12437-195-b2b18858d074f81f6e13-0.jpg ]


ジェットスターについて
ジェットスターグループは、アジア太平洋地域において最も急成長している航空会社ブランドの一つで、同地域で最大級の路線網を展開しています。オーストラリアおよびニュージーランドのジェットスター航空(カンタスグループの子会社)、シンガポールのジェットスター・アジア航空、日本のジェットスター・ジャパンから構成されています。ジェットスターグループは、アジア太平洋地域の85以上の都市に就航し、最大で週5,000便を運航しています(新型コロナウイルス感染拡大前)。2021年、ジェットスターグループはアジア太平洋地域のベスト・ローコスト・エアラインに選ばれました。
https://www.jetstar.com/jp/ja/home

GINGER & SMART (ジンジャー&スマート)について
GINGER & SMARTは、魅惑的なデザインと高品質でサステナブルな素材による製品を提供するオーストラリアのブランドです。ブランドのサステナビリティにおける目標は、美しくタイムレスなアイテムを創り出すことであり、何度も着用できるようにデザインされ、地球環境への影響を最小限に抑えることです。コレクションは、グラフィックと花柄、未来と自然を融合させた、斬新な色の組み合わせとGINGER & SMARTのシグネチャープリントで定義されます。GINGER & SMARTは、2008年にエシカル・クロージング・オーストラリアの認定を受けたオーストラリア初のブランドの一つです。
https://www.gingerandsmart.com/pages/about-us

PR TIMES

「ジェットスター」をもっと詳しく

「ジェットスター」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ