(株)フラックスは2017年より次世代を担う若者の夢を応援するプロジェクトを始動!

3月1日(水)19時30分 PR TIMES

第1弾は『次世代インストラクター創造プロジェクト』全ての人の持つ可能性を引き出せる未來の実現へ

「もっと多くの人にダンスのある生活を」をテーマに、全国のフィットネスクラブで人気のダンスエクササイズプログラム「BAILA BAILA(バイラバイラ)」をはじめ、さまざまなダンス関連事業を展開している株式会社フラックス(本社:東京都渋谷区/代表取締役:廣瀬 元彦)は、2017年から次世代を担う若者の夢を応援するプロジェクトをスタートします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24422/1/resize/d24422-1-484557-1.jpg ]

プロジェクト第1弾としてスタートする『次世代インストラクター創造プロジェクト』は、通常のインストラクター養成スクール等とは異なり、フィットネスインストラクターだけでなく、ダンスイベントや、株式会社フラックスで制作しているフィットネスミュージカルへの出演など、マルチに活躍できるインストラクターを育成できるプログラムを目指します。
講師には元エアロビック世界チャンピオンである伊藤由里子さんをはじめ、新体操でバルセロナ、アトランタオリンピック2大会連続出場を果たした山田海蜂さんなど、世界的に活躍する講師陣が、フィットネスインストラクターを目指す人を全面的にバックアップすると共に、卒業生1人1人に合った将来の活躍の場をご提案します。
【主なプログラム内容】
[画像2: https://prtimes.jp/i/24422/1/resize/d24422-1-983171-0.jpg ]

【株式会社フラックス所属アーティスト】
[画像3: https://prtimes.jp/i/24422/1/resize/d24422-1-500640-2.jpg ]

【株式会社フラックスに関して】


株式会社フラックスは、ダンスをより多くの人へ届けることで、今日の自分よりも明日のあなたへ、すべての人が持つ可能性を引き出し、夢を創造できる次世代社会を齎すことを目指し取り組んできました。
そして、「BAILA BAILA」が10周年を迎える2017年、次なるステップとして私たちが目標としている事は「次世代インストラクター」の創出です。インストラクターという職業は身体を用いた仕事であるため、一般的に収入が安定しない。また、職業寿命が短いと捉えられることが多いと思います。しかし、人々の背中を押して「クロス」(=ジャンルを超えて「スポーツ」「エンタテイメント」「ファッション」「ミュージック」「アート」等、様々な要素と人と協調すること)するきっかけを与え、心身共に健康的な生活を波及する上で、インストラクターの存在は不可欠と言えます。例えば一人で進めるダイエットは、寂しさや孤独によって気持ちも緩みがちですが、友人やトレーナー等、誰かと一緒に励まし合いながら切磋琢磨することでダイエットの成功率は飛躍的に高まります。人(インストラクター)が人を支援することによって、心身ともに健康的な生活の継続・習慣化が可能になるのです。
フラックスでは、昨年の4月に、既にインストラクターとして活躍している方、そしてこれからインストラクターを目指す方を応援すべく、一般社団法人日本フィットネス&ダンスインストラクター協会を創設しました。本年は、社会的に安定した魅力的な職業として「次世代インストラクター」の存在を確固たるものとするため、「次世代インストラクター創造プロジェクト」に取り組みます。

株式会社フラックス:http://www.ddd-dance.com/


【BAILA BAILAとは】
“楽しい”から踊りたくなる。”踊る”からキレイになれる!どんな運動でも毎日続ければ効果は表れます。でもつらくて、苦しくて、面倒で途中で投げ出しちゃいました…そんな経験がある方の為に生まれたのが新感覚のダンスエクササイズ「BAILA BAILA 」です。「楽しいのに効果的!」「簡単なのに燃焼系!」。そんな”おいしいエクササイズ”を目指し、より楽しく、ノリノリに踊れるよう、エクササイズをダンサブルにアレンジしてあります。ラテンのリズムに合わせて、気になるウエスト周りやヒップなどを意識的に動かすのでボディメイキングにも効果的です。エアロビクスやヨガとはちょっと違う、踊れる”エクササイズ”だから、楽しく続けることができ、続ければ脂肪燃焼、カロリー消費が実現できます。音楽に合わせて無理なく続けられる理想的なプログラムとして、現在、全国210箇所のフィットネスクラブで導入されているプログラムです。

BAILA BAILA公式サイト:http://www.bailabaila.jp/

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

若者をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ