BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

優れた発電量・品質管理・保証制度をセットで提供 低圧産業向けパッケージに新タイプ登場 

PR TIMES3月1日(水)10時55分
画像:優れた発電量・品質管理・保証制度をセットで提供 低圧産業向けパッケージに新タイプ登場 
写真を拡大
画像:優れた発電量・品質管理・保証制度をセットで提供 低圧産業向けパッケージに新タイプ登場 
写真を拡大
画像:優れた発電量・品質管理・保証制度をセットで提供 低圧産業向けパッケージに新タイプ登場 
写真を拡大
太陽電池モジュールの設置密度を高める新設計の野立て多段架台 限られた土地の有効活用により顧客の高収益化に貢献

ハンファQセルズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: キム・ジョンソ 、以下
「Qセルズ」)は、低圧産業用太陽光発電システムのパッケージ「Q.MAX PLUS」に、新たに「Fシリーズ」を追加したことをお知らせします。この新シリーズは、新設計の野立て多段架台を導入し設置密度を高めることで、同じ土地面積により多くの太陽電池モジュールを設置することが可能となり、お客様の収益性向上に貢献します。

Qセルズの低圧産業用パッケージ「Q.MAX PLUS」は、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、架台、金具、ケーブルといった機器に加え、25年の出力保証や15年のシステム保証、10年の災害補償、日照補償1年までをセットで提供します。これらをワンパッケージ化することでお客様の導入負担を減らし、太陽光発電システムの普及拡大を担っています。設置場所に応じて野立て用の「Gシリーズ」、積雪地域用の「Sシリーズ」、折板屋根上用の「Rシリーズ」を展開しています。

今回新たにラインナップに加わった野立て用の「Fシリーズ」は、当社独自の設計による4種類の高さの異なる多段架台で構成され、各架台の前後(南北方向)の間隔を最小化することで、太陽電池モジュールの設置容量を向上させます。それぞれを分割式の架台とすることで自由な組み合わせが可能となり、様々な土地形状に対して柔軟なレイアウトが可能となります。また、専用のメンテナンス用プレートにより、メンテナンス性も兼ね備えています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/9490/55/resize/d9490-55-470958-0.jpg ]

   「Q.MAX PLUS Fシリーズ」の設置イメージ

【新製品の特徴】
1.高さの異なる4種類の独立した架台により、太陽電池モジュールの優れた設置効率を実現
2.分割式の架台※を採用し、様々な形状の土地に自由なレイアウトが可能
3.メンテナンスのしやすさに配慮し、足場不要で軽作業が可能なメンテナンス用プレートを標準装備
※ 太陽電池モジュール12枚を設置できる架台がそれぞれの基本単位となります

  【Q.MAX PLUS のパッケージ構成】

[画像2: https://prtimes.jp/i/9490/55/resize/d9490-55-611531-1.jpg ]


Qセルズは、お客様の大切な資産として活用いただける低圧産業用太陽光発電システムの普及のため、ご満足いただける製品とソリューションの提供を通じて、日本における再生可能エネルギーの柱である太陽光発電の普及と発展に寄与して参ります。

【ハンファQセルズジャパン株式会社について】
1984年に韓国最大手企業であるハンファグループの日本法人として設立。2014年2月に設立30周年を迎えた。太陽光発電関連事業(太陽光モジュール輸入販売、IPP事業)をはじめ化学品、鉄工、機械・設備、自動車部品、IT関連機器等、多分野にわたる基幹産業のアジア諸国間での輸出入業務と日本市場での販売事業を展開している。2011年より日本の太陽光事業に参入し、2016年12月現在で日本向けの出荷量累計2.7GW、住宅設置数20,000棟を達成した。
URL: http://www.q-cells.jp/
[画像3: https://prtimes.jp/i/9490/55/resize/d9490-55-297882-2.jpg ]

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「優れた発電量・品質管理・保証制度をセットで提供 低圧産業向けパッケージに新タイプ登場 」の関連ニュース

注目ニュース
優秀な社員が辞めてしまう本当の理由 Forbes JAPAN4月24日(月)7時30分
現職よりも良い仕事を見つけたら、波風を立てることなく今の職場を去りたいと思うものだ。[ 記事全文 ]
しんぶん赤旗 部数が産経を超える日も近いとの見方 NEWSポストセブン4月24日(月)16時0分
全国紙の部数減は底が見えない。昨年下半期の数字では、長く1000万部を死守していた読売新聞は900万部台を割り込み、朝日は4年で100万部…[ 記事全文 ]
1位はあの街 日本を面白くする「イノベーティブシティ」ベスト10 Forbes JAPAN4月23日(日)12時10分
独創的なまちづくり、持続可能なビジネス─未来を見据え、革新的な挑戦を続ける都市はどこか。[ 記事全文 ]
スーパー売上高、4カ月連続減=天候不順が響く—3月 時事通信4月24日(月)18時8分
日本チェーンストア協会が24日発表した3月のスーパー売上高は1兆0520億円となった。[ 記事全文 ]
スポーツ下着に本格参入 時事通信4月24日(月)16時52分
トリンプ・インターナショナル・ジャパンは24日、欧州で販売しているスポーツ下着ブランド「トライアクションバイトリンプ」のブラジャーを日本で…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア