RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2021

3月2日(火)18時47分 PR TIMES

2020年RTD市場は対前年112%と過去最大規模に。レモンRTDが牽引 お酒の飲み方が全世代で変化、家飲みでのRTD飲用増加 RTDに対する価値観が多様化、低アルコールRTDやノンアルRTDが伸長

[画像1: https://prtimes.jp/i/42435/382/resize/d42435-382-373272-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/42435/382/resize/d42435-382-799002-1.jpg ]

RTD市場は、2020年まで13年連続で伸長し、2021年も引き続き拡大すると見込まれます。こうした中、サントリースピリッツ(株)は、RTDに関する消費者飲用実態調査(以下「当社調査」)を実施しました。
なお、当社調査詳細は、以下「サントリーRTDレポート2021(詳細版)」を参照ください。
https://www.suntory.co.jp/news/article/mt_items/13867-1.pdf

I.調査サマリー
(1)RTD市場は対前年112%と過去最大規模に。レモンRTDが牽引
2020年のRTD市場は、対前年112%と過去最大の市場規模となりました。2021年も対前年112%とさらに拡大すると見込まれます。
特にレモンRTD市場が、2020年に対前年133%と、2年連続対前年130%を超える成長を記録し、RTD市場を牽引しました。2021年も拡大が見込まれます。
当社調査では、レモンRTDに関して以下のことが明らかになりました。
・レモンRTDを飲む理由はスッキリした飲みやすさや、甘くなく食事に合うこと
・外飲みユーザー、新ジャンルユーザーのレモンRTD飲用頻度が増加

(2)生活環境の変化により、全世代でお酒の飲み方が変化
2020年は、新型コロナウイルス感染症の影響などで、全世代でお酒の飲み方が変化しました。当社調査では、以下の変化が明らかになりました。
・外飲みが減少し、家飲みが増加。また、家飲みでのRTD飲用頻度が増加
・RTDに求める魅力。外飲みユーザーは「お酒の味がする」「お店の味が楽しめること」、家飲みユーザーは「味の種類が豊富で選べること」

(3)外飲みユーザーかつレモンRTDユーザーが、レモンRTDに感じる魅力
   食事に合うことや味が甘くないことなど
当社調査では、外飲みユーザーかつレモンRTDユーザーが、レモンRTDに感じる魅力として、食事に合うことや味が甘くないことなどが挙げられていました。

(4)酒税改正以降、自宅でのRTD飲用機会増加。味わいや、品質・機能に魅力
当社調査から、2020年10月の酒税改正以降、自宅でのRTD飲用機会が増加したことがわかりました。

(5)RTDに対する価値観多様化。低アルコールRTDやノンアルRTDが伸長
当社調査から、低アルコールRTDの飲用機会が増えたことがわかりました。また、ノンアルRTD市場も過去最大の市場規模になるなど、RTDに対する価値観の多様化がみてとれました。
・緊急事態宣言以前と比べて、全世代で増える低アルコールRTD飲用。
 理由は安心や楽しさ
・対前年108%と過去最大規模のノンアルRTD市場、レモンフレーバーが人気。
 理由は健康意識に加え、お酒らしさ・本格的な味わい

II.調査概要
・調査委託先 (株)H.M.マーケティングリサーチ
・調査対象  最近1ヶ月にアルコールを飲用した
       20〜60代の男女4,000人
・調査方法  インターネット調査
・調査日   2020年12月18日(金)〜19日(土)

〈本レポートで使用する用語の定義〉
RTD:「Ready to Drink」の略語。そのまますぐ飲める缶チューハイや缶カクテル、ハイボール缶などのアルコール飲料
レモンRTD:レモンフレーバーのRTD
低アルコールRTD:アルコール度数の低いRTD
ノンアルRTD:ノンアルコールRTD
ノンアルレモンRTD:レモンフレーバーのノンアルコールRTD
RTDユーザー:最近1ヶ月に自宅でRTDの飲用経験がある人
レモンRTDユーザー:最近1ヶ月に自宅でのRTD飲用経験があり、レモンフレーバーのRTDを飲む人
低アルコールRTDユーザー:最近1ヶ月に自宅でのRTD飲用経験があり、アルコール度数の低いRTDを飲む人
ノンアルRTDユーザー:最近1ヶ月に自宅でノンアルRTD飲用経験がある人
新ジャンルユーザー:最近1ヶ月に自宅での新ジャンル(第3のビール)飲用経験がある人
外飲みユーザー:飲食店で月に1日以上お酒を飲むことがある人
家飲みユーザー:自宅で週に1日以上お酒を飲むことがある人
“増えた”:「増えた」「どちらかといえば増えた」合計
“減った”:「減った」「どちらかといえば減った」合計
“あてはまる”:「あてはまる」「ややあてはまる」合計
“変化した”:「家でお酒を飲む量が増えた」「お酒の飲み方が変わった」「家でお酒を飲む機会が増えた」合計
“魅力的である”:「魅力的である」「やや魅力的である」合計
“魅力的でない”:「あまり魅力的ではない」「魅力的ではない」合計

※本レポートでは、小数点第2位を四捨五入しています。そのため、数字の合計が100%とならない場合があります。
※本レポート内に記載されているMAとはマルチアンサー(複数回答)を、SAはシングルアンサー(単一回答)を意味します。
※当社調査では、表中の「2019年」表記は、2020年3月10日(火)付「サントリーRTDレポート2020」を指しています。

以  上

PR TIMES

「消費者」をもっと詳しく

「消費者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ