場所取りも買い出しもいらない!現存する日本最古のビヤホールで「お花見ビヤホール」

3月5日(火)12時40分 PR TIMES

〜 3月12日から4月14日 期間限定開催 〜

 サッポロホールディングス(株)のグループ企業である「JOY OF LIVING-生きている喜びの提供-」を企業理念に、ビヤホール・レストランなどを運営している株式会社サッポロライオン(本社・東京都渋谷区、社長・三宅祐一郎)は、ビヤホールライオン 銀座七丁目店にて2019年3月12日(火)から4月14日(日)の期間限定でビヤホールライオン 銀座七丁目店の店内を大々的に桜の装飾をした「お花見ビヤホール」を実施します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/12361/1105/resize/d12361-1105-981184-0.jpg ]

場所取りも買い出しもいらない!現存する日本最古のビヤホールで楽しむエア花見!
 「お花見ビヤホール」とは、これからのシーズンに賑わう「お花見」を屋内で手軽に楽しめる企画です。寒さ対策、場所取り、準備・片付け等の手間をかけずにお手軽にお花見ができるということで、昨年ご好評いただきました。今春で創建85周年を迎えるビヤホールで日本らしいお花見が楽しめる期間限定のイベントです。
【桜の装飾期間】2019年3月12日(火)〜4月14日(日)

<創建85周年記念 お花見ビヤホール スペシャルキャンペーン>
 期間中の4月8日(月)にビヤホールライオン 銀座七丁目店は創建85周年を迎えます。85周年を祝うとともに、日頃の感謝を込めて3月12日(火)から4月8日(月)の期間中17時以降ご来店のお客様にハズレ無しのスクラッチカードを1枚プレゼントいたします。4月9日(火)から5月31日(金)にご利用いただけるソーセージ5種盛合せや、生ビール大ジョッキの半額券等をご用意いたします。
【スクラッチカード配布期間】2019年3月12日(火)〜4月8日(月)※景品のご利用期間は4月9日(火)〜5月31日(金)

ビヤホールライオン 銀座七丁目店のご紹介
 1934年(昭和9年)4月8日、大日本麦酒(株)の本社ビルとして竣工した当ビルの1階にて、ビヤホールが開店しました。戦時中空襲により多くのビヤホールは焼失または疎開のため取り壊されましたが、当ビヤホールは空襲を免れ、1945年(昭和20年)9月11日から接収され進駐軍専用のビヤホールとなりました。1952年(昭和27年)1月に接収は解除され、再度一般のお客様もご利用いただけるようになり、現在に至ります。
【ビヤホールライオン 銀座七丁目店】東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル1F(03-3571-2590)営業時間:月〜土 11:30〜23:00/日・祝 11:30〜22:30


[画像2: https://prtimes.jp/i/12361/1105/resize/d12361-1105-818161-1.jpg ]

〜おかげさまで、サッポロライオンは今年120周年を迎えます。〜
1899年(明治32年)8月4日、「惠比壽ビヤホール」が、ヱビスビールのプロモーション店舗として銀座の新橋際に、オープンしました。
これが、サッポロライオンの発祥であり、わが国のビヤホールのはじまりです。
120周年記念イベント情報はこちら https://www.ginzalion.jp/event/120th/


以上

この件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
一般の方 お客様相談センター  TEL:0120-848-136

PR TIMES

「最古」をもっと詳しく

「最古」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ