OKIとミマキエンジニアリング、大判インクジェットプリンターの国内販売強化で提携

3月5日(火)16時40分 PR TIMES

[画像: https://prtimes.jp/i/17036/269/resize/d17036-269-332916-0.jpg ]



OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(社長:波多野 徹、本社:東京都港区)と株式会社ミマキエンジニアリング(社長:池田 和明、本社:長野県東御市、以下 ミマキエンジニアリング)は、2019年3月5日、OKIデータ製大判インクジェットプリンターの国内販売強化のために提携することで合意しました。本合意により、OKIデータ製大判インクジェットプリンターおよびインクなど消耗品の国内販売は、2019年4月1日から、国内に強固な販売網を持つミマキエンジニアリングが行います。

今回の提携対象商品は、高速かつ高濃度での印刷が可能なOKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種「ColorPainter H3-104s」「ColorPainter M-64s」と、同機種に対応したインクなど消耗品および、OKIデータがこれまでに販売したOKIデータ製大判インクジェットプリンター用インクなど消耗品です。4月1日より、ミマキエンジニアリングが販売と、ミマキエンジニアリングが販売したOKI製大判インクジェットプリンターの保守を開始いたします。なお、OKIデータからご購入いただいた商品の保守サービスは、引き続きOKIデータにて対応いたします。

ミマキエンジニアリングは、業務用インクジェットプリンター、カッティングプロッタ、およびそのインク、ソフトウェアの開発・製造・販売・保守を一貫して行っています。日本国内においては16箇所に営業・サービス拠点を設置し、地域密着型営業をキーワードとし、商品のみならずお客様に安心してお使いいただける環境をトータルで提案しています。

OKIデータは、サインディスプレイ業界向けに商品の開発・製造・販売・保守を行っており、特に高速、大量の出力を必要とするお客様向けのミッドレンジ・ハイエンドクラスのラインアップを中心に事業を展開しています。このたびミマキエンジニアリングの大判インクジェット事業の将来性と技術力、販売と保守の実績を高く評価し、既存納入先の確実な継続とより多くのお客様へのご提案が実現できると判断し、今回の合意にいたりました。


沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
株式会社沖データ通称をOKIデータとします。
その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com
ミマキエンジニアリング グローバルマーケティング部プロモーショングループ
電話:0268-80-0078
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIデータ 国内営業本部インダストリープリント営業部
電話:03-6453-7534
ミマキエンジニアリング JPマーケティング部
電話:03‐6371‐2822 

PR TIMES

「プリンター」をもっと詳しく

「プリンター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ