注目ワード企業・開催 新種・ハリー・ポッター スター・ウォーズ・最新 遠野なぎこ・江角マキコ 草なぎ剛・嘘の戦争 2017冬ワイヤーネイル

BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

そんなバカな! 今では考えられない昔のゲームの常識「テレビ接続に一苦労」「ソフトは基本1万円オーバー」

マイナビスチューデント3月8日(日)21時30分
画像:そんなバカな! 今では考えられない昔のゲームの常識「テレビ接続に一苦労」「ソフトは基本1万円オーバー」
写真を拡大
そんなバカな! 今では考えられない昔のゲームの常識「テレビ接続に一苦労」「ソフトは基本1万円オーバー」

コンシューマー用ゲーム機の世界は日進月歩、技術革新の速い世界です。昔のことなどどんどん遠ざかっていきます。今回は、最近ゲームをプレーするようになった若い世代にとっては「うそーん!」と叫んでしまうような、昔のゲームの話です。

■テレビに接続するために技術が必要だった!
任天堂の『ファミコン』が出たころには、現在と違ってゲーム機をテレビに接続するためにちょっとした技術が必要でした。若い世代には何のことだか全然わからないと思いますが、その当時のテレビにはRF端子というものがあって、そこにファミコン本体から出ている「銅線」をつないで映像と音声を出力していたのです。今では端子付きケーブルを差し込むだけですが、昔はドライバーなどの工具が必要だったのです。

■昔はコントローラーが2個付いていた!
現在ではコンシューマー用ゲーム機にはコントローラーが1個しか付いていないことが多いですね。でも、昔はちゃんとコントローラーは2個付いていたのです。『ファミコン』(1983年)『スーパーファミコン』(1990年)の時代にはコントローラーは2個ありました。

スーパーファミコンのローンチタイトルは『スーパーマリオワールド』などの2人でのプレーが楽しいゲームでしたので、当時のプレーヤーにはうれしい配慮でした。それが変わったのは『セガサターン』『プレイステーション』(1994年)からといっていいでしょう。

■1万円出してもゲームソフトが買えない時代があった!
『スーパーファミコン』の全盛期は日本で最もゲームの値段が高かった時代といってもいいのではないでしょうか。1万2,800円という今では信じられないような価格で普通にゲームが販売されていました。当時子供だった人からすると、ゲームは高級品、なかなか買ってもらえないものというイメージが今でもあるかもしれませんね。

■データセーブポイントが限られていた!
昔のコンシューマー用ゲーム機ではセーブデータを保存することができませんでした。例えば任天堂の『ファミコン』では当初外部記憶装置がなかったのです。また、ROMカセットにもデータ記憶用のメモリーを搭載していませんでした。

こんな時代に登場したRPG『ドラゴンクエスト』(1986年)は斬新なアイデアでこれを切り抜けます。最大20文字の平仮名を使用してプレーヤーのステータスを表し、プレーヤーがこれを書き留めることでゲームの中断、再開を可能にしたのです。

これが「復活の呪文」と呼ばれるものです。このシステムは『ドラゴンクエストII悪霊の神々』(ファミコン版:1987年)でも採用されましたが、最大52文字となり、書き留めるのが難しくなりました。そのため書き間違いが多発しましたが、それもまた楽しみの一つでした。

現在では本体内蔵メモリーや外部メモリーにセーブデータを記憶することなど普通のことですが、それができない時代があったのです。

■通信速度が遅い!
現在ではベストエフォート100Mbpsなど普通ですが、昔はネット接続の通信速度が激遅でした。セガが『ドリームキャスト』というハードを出した当時モデムは33.6kbps。

それでもドリームキャストでは『ドリームパスポート』という独自のブラウザーソフトを用いてWebブラウジングが可能で、また『あつまれ!ぐるぐる温泉』といったオンラインで楽しむ独自のサービスも提供されました。

オンラインで遊ぶ楽しみをドリームキャストによって初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。ちなみに、ドリームキャストの開発コードネームは「カタナ」といいますが、これは「刀」ではなく、当時セガの会長だった大川功さんが「ドリームキャストでは絶対勝たなアカン」とおっしゃったそうで、この「勝たな!」から取られたそうです。

(高橋モータース@dcp)

これが解けたら天才!? IQひらめき力診断

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

マイナビスチューデント
この記事のトピックス

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「そんなバカな! 今では考えられない昔のゲームの常識「テレビ接続に一苦労」「ソフトは基本1万円オーバー」」の関連ニュース

注目ニュース
日本車批判に困惑=米での実績訴え—自動車業界 時事通信1月24日(火)20時39分
トランプ米大統領が「日本は米国に何十万台も車を輸出している」などと批判したことを受け、日本の自動車業界で困惑が広がっている。[ 記事全文 ]
白物家電、3年ぶりプラス…高機能・高価格人気 読売新聞1月24日(火)22時4分
冷蔵庫や洗濯機などの白物家電の2016年の国内出荷額は、前年比4・5%増の2兆3028億円で、3年ぶりに前年を上回ったと日本電機工業会(JEMA)が24日、発表した。[ 記事全文 ]
トヨタ社長、ペンス副大統領就任に「心強い」 読売新聞1月24日(火)7時44分
トヨタ自動車の豊田章男社長は23日、岐阜県各務原市で報道陣の取材に応じ、米副大統領に就任したマイク・ペンス氏について「我々に耳を傾ける方が副大統領にいることは、大変ありがたく心強い」と述べた。ペンス氏はトヨタの工場がある米インディアナ州の知事を務め、10日には米国で豊田社長と会談した。[ 記事全文 ]
河北麻友子が雑誌「OCEANS」に登場 2017年のテーマは「大人化」!美しすぎるデコルテを披露! PR TIMES1月24日(火)15時31分
「#TATERUガールズ」で語る仕事とプライベート[画像1:https://prtimes.jp/i/4078/81/resize/d40…[ 記事全文 ]
ゆうちょ銀行と日本郵便、地域版Visaプリカ「mijica(ミヂカ)」を発行 マイナビニュース1月23日(月)17時23分
ゆうちょ銀行と日本郵便は1月23日から、宮城県仙台市と熊本県熊本市において地域版Visaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」を発行す…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア