タブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が聖徳学園中学・高等学校で採用

3月8日(金)13時40分 PR TIMES

クラウドで生徒と教師のコミュニケーションや情報共有を活発

2019年3月8日
株式会社MetaMoJi

タブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が聖徳学園中学・高等学校で採用
〜クラウドで生徒と教師のコミュニケーションや情報共有を活発に〜

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)の提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が、聖徳学園中学・高等学校(東京都武蔵野市)に導入されました。

聖徳学園中学・高等学校は、「自らの強みを伸ばし、世界とつながり、新しい価値を生み出す人材の育成」を教育目標に掲げ、ICT教育など新しい学びを積極的に実践しています。同校では、2015年度から中学1年生を対象にiPadによる一人1台環境をスタートしました。その後、段階的に一人1台の取り組みを広げ、現在は中学1年生から高校1年生までがiPadを所有するようになりました。高校生に対しては、授業支援システムに「MetaMoJi ClassRoom」を導入し、多くの教科で日常的に使用されています。生徒と教師のコミュニケーションを豊かにし、ICTのメリットを発揮できる「MetaMoJi ClassRoom」で授業の質を高めています。

※聖徳学園中学・高等学校における「MetaMoJi ClassRoom」導入事例は以下サイトをご覧ください。
http://product.metamoji.com/education/case/case27.html
[画像1: https://prtimes.jp/i/4007/251/resize/d4007-251-329799-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/4007/251/resize/d4007-251-415883-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4007/251/resize/d4007-251-453341-2.jpg ]


■MetaMoJi ClassRoomについて
「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリです。小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援します。

※製品詳細ページはこちらをご覧ください。
http://product.metamoji.com/education/classroom.html

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiでは、先進的なIT技術をベースに、法人向け、個人向けアプリケーションを開発・提供しています。教育向けには、小学生から大学生まで次世代を担う子どもたちが、幅広い学習形態で、主体的・対話的に深い学びを実践し、ご利用いただけるシステムの研究、開発を行っています。
http://www.metamoji.com/

■本件に関するお問い合わせ
・製品についてのお問い合わせ:
担当 松田・福原
電子メール: info_ep@metamoji.com
電話番号: 03-5114-2912

PR TIMES

「授業」をもっと詳しく

「授業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ