高度化するバッテリー充電に対応!株式会社TCL、CTEK製高性能バッテリー充電器による「充電サービスの促進提案」を開始

3月12日(火)10時30分 @Press

自動車関連用品販売の株式会社TCLは、近年増えているバッテリー充電の需要に応えるため、CTEK(シーテック)社の高性能バッテリー充電器「MXS25EC」を発売し、ディーラー・整備店での「バッテリー充電サービス促進提案」を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/LL_img_165140_1.jpg
MXS25EC使用イメージ 01

■バッテリー充電の現状
近年の自動車・バイクは燃費向上(アイドリングストップ、燃費制御によるオルタネータ停止等)、電装品の増加により、バッテリーの充電状態は旧式の自動車・バイクに比べ悪くなる傾向にあります。
https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_2.jpg

また、ロードサービス依頼の約1/3がバッテリー上がりやバッテリーに関するトラブルと言われています。

そしてアイドリングストップ対応バッテリーなどの高機能化が進んだ結果、従来型のバッテリー充電器では適切な充電ができないケースが多くなりました。
バッテリー自体も高機能化と原材料費の高騰により価格が上昇しており、ユーザーの負担は大きくなっております。


■バッテリー充電の重要性
バッテリーの寿命は5年程度で設計されていますが、一般的に約3年での交換が勧められています。
理由はバッテリーが十分に充電できず、寿命と判断されるケースが多数あるためです。
ディーラー・整備工場でも高性能化するバッテリー充電に対応できなかったため、交換による提案がほとんどでした。

株式会社TCLでは全国のディーラー・整備工場にCTEK社の高性能バッテリー充電器により、特許取得の8ステップ充電を行うことでバッテリー本来の性能を最大限に発揮させ、環境への配慮(バッテリー廃棄、交換、リサイクル)とコスト削減(バッテリー代金、工賃、時間)を促進します。


■これまでの取り組み
株式会社TCLは2017年にグローバルでバッテリー充電ソリューションを提供するCTEK社と正規代理店契約を締結。これまでにバッテリー充電器「XS7.0JP」、スマートフォン対応バッテリーモニター「バッテリーセンス」、キャンピングカー向けサブバッテリー充電システム「D250SA」「SMARTPASS120」を発売しました。

この度、CTEKのディーラー・整備工場向け高性能バッテリー充電器「MXS25EC」を配備した店舗では全ての12V鉛蓄バッテリー充電に対応可能となり、整備メニューにバッテリー充電メンテナンスを加えることで、環境への配慮と低コストを両立したサービスをお客様に提供しています。

https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_3.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_4.jpg

充電サービス以外にも、誰でも簡単に使用できるCTEK MXS25ECのバッテリー充電により
展示車・在庫車のバッテリー上がりを減らし、店舗のバッテリー交換コスト削減に貢献します。

CTEK MXS25ECは車両プログラミング時の電源としても使用できる高品質な電源機能も持っているため、ディーラー店舗でのLEDライト・液晶メーター・パワーシートのデモもバッテリー上がりを気にせず使用することが出来ます。
また最大25A出力により最新輸入車にも対応できる容量を持っています。

https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_7.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_8.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_9.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_10.png


■IAAE 2019に出展
「第17回国際オートアフターマーケットEXPO 2019 (略称:IAAE2019)」は、自動車の売買、整備、メンテナンスをはじめ自動車を取り巻く環境・インフラなど様々な自動車アフターマーケットに関する最新情報・業界動向を、展示・実演セミナーなどにより情報発信をし、有意義なビジネス交流の場を創出するコンベンションです。

株式会社TCLはIAAE2019に出展し「CTEK」をはじめ、ドライブレコーダー「スマートレコ」、ワンタッチ配線タップ「e分岐タップ」を展示し、ディーラー・整備工場の収益向上に関するご提案を行います。

日時 : 2019年3月13日(水)〜15日(金)
10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
場所 : 東京国際展示場「東京ビッグサイト」
西3・4ホール(東京都江東区有明3-10-1)
ブース位置: 西4ホール 4176
URL : http://www.iaae-jp.com/


■MXS25EC
https://www.atpress.ne.jp/releases/165140/img_165140_5.jpg
MXS25EC本体

【MXS25ECの主な特長】
1. 特許取得の8ステップ充電で簡単にバッテリーをフルオート充電します。
2. 最大25A出力。バッテリーを高速に充電します。
3. 満充電後も自動的にメンテナンスモードに移行するため、過充電を防ぎます。
4. バッテリーを車載のまま充電できます。
5. 全ての12V鉛蓄バッテリーに使用可能。
6. SUPPLY(サプライ)モードにより、プログラミングや展示車の電源として使用できます。
7. RECOND(リコンド)モードにより、過放電したバッテリー(WETバッテリーのみ)のコンディションを整えます。
8. 高温・ショート・スパーク発生を防ぐ安心設計。
9. LEDインジケータで充電量と動作状況がわかります。
10. 保護等級IP44。水の飛沫の影響を受けません。

製品情報URL
https://www.kk-tcl.co.jp/ctek/product/product_mxs25ec/

【MXS25EC仕様】
入力 :100VAC, 50-60Hz
出力 :14.4V, 最大25A
使用環境温度 :-20℃ 〜 +50℃
逆流ドレイン電流※:1.5Ah/月 以下
対応バッテリー :12V鉛蓄バッテリー全種(WET、EFB、Ca/Ca、MF、AGM、GEL)
充電バッテリー容量:40-500Ah
保護等級 :IP44
保証 :2年間
ケーブル長(本体〜バッテリー):約6m
サイズ :L235×W130×H65mm

※逆流ドレイン電流…チャージャーを電源に接続していない場合にバッテリーから消費する電流です。


■CTEK(シーテック)とは
CTEK(シーテック)はスウェーデンに本社を構える、全世界で400万台以上の販売実績を誇る高性能・高機能バッテリー充電器メーカーです。「Maximizing Battery Performance」(バッテリー性能を最大限に発揮する)をスローガンに、バッテリー充電に関する製品を世界に展開しています。
また自動車・バイクメーカー42社にバッテリー充電器をOEM供給しており、バッテリー充電・メンテナンスツールとして使用を推奨されています。

本社: スウェーデン ダーラナ県
創業: 1997年
URL : http://www.ctek.com

<企業概要>
株式会社TCL
トータルカーライフ・サポート事業部
所在地: 〒470-0153
愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1 オートプラネット名古屋 内
WEB : https://www.kk-tcl.co.jp/

【お問い合わせ先】
株式会社TCL
トータルカーライフ・サポート事業部
所在地: 〒470-0153 愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1 オートプラネット名古屋 内
TEL : 0561-67-3122(CTEKインフォメーションセンター)10:00〜18:00
WEB : https://www.kk-tcl.co.jp/ctek/


※本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更されている場合があります。
掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「充電」をもっと詳しく

「充電」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ