第4回GHG排出量の可視化に関する情報交換会を実施 ~ 関係省庁、同業他社、環境関連企業等を招き意見交換 ~

2024年3月12日(火)12時0分 @Press

ユニ・チャーム株式会社(代表取締役 社長執行役員:高原 豪久)は、4回目となる「GHG排出量の可視化に関する情報交換会」を、2024年3月8日に開催しましたのでお知らせします。

当社は、「脱炭素は自社だけでは大きな成果を獲得し難い」テーマであることを踏まえ、日用品業界はもとより産業界全体の取り組みへと広げる必要があると考えています。このような点を踏まえ、GHG排出量の可視化に関する意見交換を目的とした会合を2023年5月以降3回開催しています。
4回目となる今回は、原材料・資材などの一次データ※流通のあり方や、環境関連分野に関する広報活動のあり方などについて議論しました。
※一次データ:算定する主体である事業者が自らの責任で収集する自社で測定したデータ(例:自社製品製造の消費電力量等)や外部ステークホルダーへの聞き取り調査(例:取引先の自社関連排出量の直接把握)等を行って収集したデータのこと


■「第4回 GHG排出量の可視化に関する情報交換会」の概要
・開催日時:2024年3月8日(金)13:30〜15:00
・実施会場:ユニ・チャーム株式会社 三田本社会議室
・内容 :
(1)環境省、経済産業省より関連施策の共有
(2)各種関連テーマに関する意見交換・討議
(3)今後の本情報交換会に関する意見交換・討議
・参加企業一覧(順不同)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/387459/LL_img_387459_1.jpg
uc_01

■今後の取り組み予定:
本情報交換会は今後も継続的に開催する予定です。


■会社概要
社名 :ユニ・チャーム株式会社
設立 :1961年2月10日
本店 :愛媛県四国中央市金生町下分182番地
本社 :東京都港区三田3-5-19 住友不動産東京三田ガーデンタワー
社員数 :グループ合計16,206名(2022年12月)
事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、
ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、
ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「可視化」をもっと詳しく

「可視化」のニュース

「可視化」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ