コンチネンタルタイヤ、ドイツの自動車雑誌「Auto Zeitung」誌のサマータイヤ評価テストで堂々の1位を獲得

3月12日(火)11時40分 PR TIMES

※本プレスリリースは、現地時間2019年2月20日にドイツ・ハノーバー市で発表した内容の参考訳です。万が一、英文原文と意味合いが異なる部分がある場合には英文が優先されます。
[画像: https://prtimes.jp/i/31803/21/resize/d31803-21-987969-0.png ]


コンチネンタルタイヤ(日本法人: コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社、所在地: 東京都品川区、代表取締役社長:グレゴリー・メイ)は、ドイツの自動車雑誌 『Auto Zeitung』 が行ったサマータイヤ評価テストにおいて、「PremiumContactTM 6(プレミアム・コンタクト・シックス)」が他を大きくリードして1位を獲得したことを発表いたしました。テストは、タイヤサイズ235/45R18のコンチネンタルタイヤを含むサマータイヤ9ブランドとオールシーズンタイヤ1ブランドで行われました。テスト車両はシュコダ・スペルブのステーションワゴンが使用され、ウェットとドライの両路面で性能評価が行われました。

PremiumContactTM 6は、ウェット路面での走行で最高150点中142点。ドライ路面での走行においては150点中135点と高得点を獲得し、総得点300点中277点と2位以降に25点以上の差をつけてテスト勝者に選ばれ、専門家達からは「最大限の安全性、高いレベルの快適さと優れてダイナミックなハンドリング性」と高い評価を得ました。『Auto Zeitung』誌の性能評価項目はブレーキング、ハンドリングなどの従来の評価項目に加え、転がり抵抗やタイヤノイズ、ロードノイズなどの環境性能を含む全13項目にわたりました。

PremiumContactTM 6は、快適性とスポーツ性を融合したスポーティコンフォートタイヤです。日本国内での発売サイズは、現在15インチから22インチまでの76アイテムで、コンパクトカーからスポーティカー、SUVまで幅広い車種に適合します。

PremiumContactTM 6の製品動画は、以下の日本公式YouTube ページにてご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=3sANIgscDEU

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=3sANIgscDEU ]



【コンチネンタル社について】
コンチネンタルは、人とモノの持続可能なコネクテッドモビリティに関わる先進的な技術やサービスを開発しています。1871年の創業以来、テクノロジーカンパニーとして、安全性、効率性、インテリジェンスを兼ね備えたアフォーダブルなソリューションを自動車、機械、交通、輸送のために提供しています。2018年度の売上高は444億ユーロで、世界60の国と地域に24万3千人以上の従業員を擁しています。
https://www.continental-corporation.com/en

【コンチネンタル タイヤ部門】
コンチネンタル タイヤ部門は現在、全世界に24カ所の生産および開発拠点を有しています。約5万4千人の従業員を擁する世界有数のタイヤメーカーであり、2017年には113億ユーロの売上げを計上しました。
タイヤ製造の技術リーダーであり、乗用車、商用車、二輪車の幅広い製品ラインを提供しています。コンチネンタルは、研究開発への継続的な投資により、経済的で環境にやさしいモビリティに大きく貢献しています。タイヤ部門のポートフォリオには、商業車用タイヤのデジタル管理システムだけでなく、タイヤ取引および車両アプリケーション向けのサービスも含まれます。
https://www.continental-tires.com

【スポンサーシップ】
コンチネンタルは、ツール・ド・フランスのオフィシャル・パートナーです。

日本語公式サイト: https://www.continental-tire.jp
日本語公式Facebookページ: https://www.facebook.com/continental.japan
日本公式YouTubeページ: https://www.youtube.com/channel/UC2mp8bKnBuBVFz55tLsM_Xg

PR TIMES

「ドイツ」をもっと詳しく

「ドイツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ