新製法で打感を極めたグラファイトハイブリッド鍛造ヨネックス国内自社工場製「EZONE CB 501アイアン」2018年4月上旬より発売

3月14日(水)10時30分 @Press

ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田 草樹)は、中上級者のゴルファーを対象としたセミラージヘッドのグラファイトハイブリッド鍛造の「EZONE CB 501フォージドアイアン」を2018年4月上旬に発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151424/img_151424_1.jpg

EZONE CB 501フォージドアイアンは、2016年男子日本ツアー賞金王を獲得し、トッププロからも高い支持を得てきたN1-CBアイアンを超える打感と高・強弾道の実現を追求し開発したヨネックス国内自社工場製の本格的軟鉄鍛造アイアンです。フェース裏側に複合させたG-BRID(グラファイトハイブリッド)構造が最大の特長で、スリット内部にグラファイト制振材を複合するにより、振動を抑え打球感が向上するのに加え、深・低重心化が可能となり、見た目以上のやさしさを実現しました。さらに、本体の軟鉄素材を新製法の真空熱処理※を施したことで、一般的な軟鉄アイアンよりも硬度が約20%軟らかくなり、プロや上級者が好む打ち応えと高いコントロール性を実現しました。
このアイアンの発売に伴いグラファイトハイブリッド鍛造アイアンは3タイプ(EZONE CB 501、EZONE CB 301、N1-MB)をラインナップ。プロや上級者、中上級者が求める性能すべてに応えます。
※特許出願中


INNOVATION

1、G-BRID(グラファイトハイブリッド)構造採用で打球感向上&深・低重心化
フェース裏側にスリットを設け、内部にグラファイト制振材を複合することで、振動を抑え打球感が向上するのに加え、深・低重心化が可能となり、見た目以上のやさしさを実現。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/151424/img_151424_2.jpg



2、新製法の真空熱処理※を採用で打感を極める
本体の軟鉄素材に新製法の真空熱処理を施したことで、一般的な軟鉄アイアンよりも硬度が約20%軟らかくなり、プロや上級者が好む柔らかい打感と高いコントロール性を実現。※特許出願中

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/151424/img_151424_3.jpg


画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/151424/img_151424_1.jpg
製品概要
ヘッド素材・製法/
本 体:S25C軟鉄鍛造+グラファイトハイブリッド
シャフト:N.S.PRO MODUS3 TOUR105
グリップ:ツアーベルベットラバー
(YONEXロゴ付 バックライン無し)
価 格:
スチール6本セット(#5〜PW)・・¥138,000+税
スチール#3・4単品・・・・・・・・¥ 23,000+税
発 売 日:2018年4月上旬
本 体:日本製

※中・上級者向けのカーボンシャフト(レクシスカイザXi等)は、カスタムオーダーとして受け賜わります。詳しくは弊社又は取扱店にてお問い合わせ下さい。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/151424/img_151424_4.jpg


参考資料
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/151424/img_151424_5.jpg
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/151424/img_151424_6.jpg
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/151424/img_151424_7.jpg



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ヨネックス」をもっと詳しく

「ヨネックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ