vinylDJ Eiji Takehana、DJ Yogurt、DJ Shibata、Kikiorixが、Contactセレクションスペシャルパーティ”Tribe -4Chairs-”に登場!

3月14日(水)12時1分 PR TIMES

Contactが厳選した4人の個性豊かなDJ達が、サウンドシステムを操り極上の音と空間を作る。本物のクラブミュージックを愛する方々へ向けて自信を持ってオススメするスペシャルパーティ第3回を開催。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24165/262/resize/d24165-262-654736-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/24165/262/resize/d24165-262-902688-1.jpg ]

vinyl DJ Eiji Takehana
クラブの走り西麻布P.Picassoにて業界デビュー。 後、328、CAVEなどでDJ活動を経て、南青山BLUEをU.F.O.と共にプロデュース。そしてUnited Future Organization (U.F.O.) 監修のコンピレーション「Multidirection」にてJazz Brothersで楽曲デビュー。 ピーター・ナイス・トリオ (HOSPITAL)、Florinda Bolkan (IRMA)、U.F.O.、ピチカート・ファイヴ東京スカパラダイスオーケストラ忌野清志郎、井出麻里子などの楽曲リミックスを手掛ける。2006年にイギリスの名門Soul Jazz RecordsよりJBP名義で12インチ・シングルをワールドワイド・リリース。数々の楽曲を発表するなか2010年には「DeepTrackJazz」をEiji Takehana名義でリリース。2011年3月「TequilaProduction」コンピレーションCD「Rockin’ Jazz」をプロデュース。2013年4月PRIMO & THE GROUPE「Movement」12インチとCDにて「Movement 5/8 ver.-Eiji Takehana Rework」。2017年10月に7インチ「Sustainability」リリース。


[画像3: https://prtimes.jp/i/24165/262/resize/d24165-262-622536-2.jpg ]

DJ Yogurt
海外の野外パーティで踊ることの魅力に目覚め、帰国後DJ活動を本格的に開始。その後バイヤーとして勤務し2009年から音楽活動に専念する。シスコ在籍中からレコードやミックスCDを毎年自身のレーベルUpset Recからリリースし多くの音楽好きの人達やDJから称賛を受けている。2015年から毎月第一土曜に”Tokyo Callin”を青山Oathで主催。自身が注目するDJを招聘し、テクノとハウスを軸に盛り上がり続けている。2017年は12インチ2枚、ミックスCD2枚、ミックステープ1本リリース、イスラエルのアフリカンバンド曲をリミックスした音源を7インチで”Tuffbeats”よりリリースする等、精力的に活動中。各地でDJ出演し続けながら作った曲をプレイしダンスフロアで好反応があったものをリリースするのが好きなやり方。

[画像4: https://prtimes.jp/i/24165/262/resize/d24165-262-148073-3.jpg ]

DJ Shibata
10代半ばバンドでドラムを担当、流れでダンスミュージックの世界に足を踏み入れ90年代半ばDJ活動を開始。カルチャーのルーツへさかのぼり、ハウス、ガラージ、ロフトとNYスタイルの王道にのめり込む。同時に日本そして東京という環境をフルに活用しあらゆる音楽、スタイル、価値観を吸収し、次第に自分の感覚でそれらをフロアに落とし込むことに意味を見い出す。現在は渋谷KOARAの第4金曜「探心音」、青山OATHの「THE OATH」第1金曜を中心に様々なパーティーで活動中。活動開始当初からのディープハウスやクラシックスとテクノをクロスオーバーさせたスタイルに自身のルーツであるオルタナティヴな感覚を注ぎ込み、常に新しいレコードをプレイし続けている。


[画像5: https://prtimes.jp/i/24165/262/resize/d24165-262-137339-5.jpg ]

Kikiorix
Tresvibes SoundsystemとしてSatoshi Otsuki、DJ PI-GEと共に活動中。都内を中心に様々なクラブでプレイし、Rainbow Disco Club、Womb Adventure、Fuji Rock Festivalなどのフェスティバルにも出演してきた。また海外でも、Rush HourとRainbow Disco ClubがコラボレートしたSomewhere in Amasterdam at OT301を始め、Fabric London、THE END/AKA London、Space Ibiza、Tresor Berlinなど各国のクラブでプレイしてきた経験を持つ。2000年代にはロンドンを拠点としTomoki Tamuraと共にHOLICのレジデントとしてDJ経験を積んだ。音楽制作ではこれまでに12インチEPを2枚、アルバムを1枚発表。Tresvibes SoundsystemとしてはVIS REV SET by Tresvibesを立ち上げ、12インチEPをリリースしている。



イベント詳細

3月17日(土)”TRIBE -4Chairs-”
Open 22:00
Under 25 ¥1000, Before 0AM ¥1500, GH S Members ¥2000, GH Members ¥2500, Door ¥3000

《前売券》
◎Resident Advisor https://jp.residentadvisor.net/events/1073131
◎clubberia https://clubberia.com/ja/events/277013-TRIBE-4Chairs/
◎iFlyer https://iflyer.tv/ja/event/299852/
---------------------------------------------------
Studio:
vinylDJ Eiji Takehana (Jazz Brothers)
DJ Yogurt (Upset Rec)
DJ Shibata (探心音 | THE OATH)
Kikiorix (Tresvibes Soundsystem)

PA: Issey Kakuuchi
Lighting: Rumiko Shinada

Contact:
vinylDJ Eiji Takehana (Jazz Brothers)
DJ Yogurt (Upset Rec)
DJ Shibata (探心音 | THE OATH)
Kikiorix (Tresvibes Soundsystem)

Lighting: Fumiya Hoshiya

Foyer:
[Food]
中目黒LOUNGE
[Shop]
KENTA

『Contactが選んだ、日本屈指のアーティスト4組が織りなす極上の夜』
個性豊かなDJ達が、Contactのサウンドシステムを操り極上の音と空間を織りなす。
本物のクラブミュージックを愛する方々へ向けてContactが自信を持ってオススメするスペシャルパーティ”4Chairs”第3回目を開催。
今回は、Jazz Brothers名義での活動を中心に80年代末から日本のクラブジャズシーンで活躍し、様々な音楽性を取り込みながらジャズを提案し続けるDJ/プロデューサーvinylDJ Eiji Takehanaに加え、様々なジャンルの音楽性を交錯させた選曲で毎週のように日本各地でDJをおこなっているDJ Yogurt、ディープハウスやクラシックスとテクノをクロスオーバーさせたスタイルに自身のルーツであるオルタナティヴな感覚を注ぎ込み常に変化を続けるDJ Shibata、各国のクラブシーンに影響を受けたライトでファンキーなハウスを軸に幅広い選曲をするKikiorixが登場する。Contactが選んだ日本屈指の4組から織りなされる極上空間をご堪能あれ。

[画像6: https://prtimes.jp/i/24165/262/resize/d24165-262-363100-6.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/24165/262/resize/d24165-262-655374-7.jpg ]



===================================================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID.

PR TIMES

トピックス

BIGLOBE
トップへ