ソアラにマークII、ハイソカー、あの時代かぁぁ! 反応すると年がばれる トヨタの「80年代名車」オートモビル カウンシル2019に出展

3月15日(金)11時32分 ねとらぼ

オートモビル カウンシルに「Neo Classic 80's」をテーマに出展

写真を拡大

 トヨタ自動車は、2019年4月5日〜7日に幕張メッセで開催されるヘリテージカーイベント「オートモビル カウンシル2019」への出展内容を告知しました。今回は「Neo Classic 80's」をテーマに、新旧4台の車両を展示します。
 オートモビル カウンシルは、「自動車文化の継承と創生」をテーマに自動車メーカーと販売店が出展し、往年の名車、クラシックカーから最新モデルまでが一堂に会する展示イベント。今回のトヨタブースは、新型の「GRスープラ(A90型)」と、1986年に登場した「3代目スープラ(A70型)」が並びます。
 うほほ、あらためて見ると“ナナマルスープラ”はスマートでカッケーですね。新しいGRスープラは、先代となるマッチョボディーなA80型と比較されて“こんなのスープラじゃない”などと旧型の思い入れが強いファンもいますが、30年の時を越えたナナマルとA90型の並びも新鮮です。さらにトヨタの歴史をひもとけば、どちらも1960年代の名車オブ名車「2000GT」を意識している要素があったりと、そんな歴史に思いをはせてみても面白そうですね。
 そして、1980年代に誕生した“デートカー”「ソアラ(MZ20型)」と“ハイソカー”「マークII(GX71型)」も登場します。
 「うわぁこれこれ!」と、昭和40年、50年代生まれ世代にブッ刺さる2台ではないでしょうか。デジタルメーター仕様だよね、TEMSボタンもあるかな。こちらは国内メーカー/ブランド5社の共同企画「百花繚乱80's」と連動した展示となっているので、他メーカーが選ぶ「同年代」の記憶に残るクルマたちにも注目です。

ねとらぼ

「トヨタ」をもっと詳しく

「トヨタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ