鉄道アニメ「チャギントン」がまさかの実車化 ウィルソンを再現した路面電車が岡山市内を走る

3月15日(金)19時13分 ねとらぼ

「チャギントン」と岡山電気軌道がコラボ。作中のキャラを再現した路面電車が運行、内装はザイナー・水戸岡鋭治が手がける

写真を拡大

 岡山電気軌道が、英国生まれの人気アニメ「チャギントン」とコラボした都市型エンターテインメント観光電車「おでかけチャギントン」を発表。作中に登場するキャラ「ウィルソン」を再現した路面電車が、2019年3月16日から岡山市内に登場します。
 「おかでんチャギントン」は、岡山電気軌道にとって初となる観光車両事業。列車たちをコミカルに描いた英国の人気CGアニメ「チャギントン」で、赤色がトレードカラーとなっている人気キャラ「ウィルソン」を実車化して、岡山駅前と東山おかでんミュージアム駅を繋ぐ特別電車として運行します。
 豪華観光列車「ななつ星in九州」など、多くの観光列車でデザインを担当した水戸岡鋭治さんが内装を手がけています。車内にはチャギントンのキャラクターたちの姿が散りばめられ、乗客と同道するナビゲーターが車内イベントなどで約50分の道程を盛り上げてくれるそうです。
 おでかけチャギントンに乗車するには専用チケットが必要で、Webチケット販売サービス「ローソンチケット」にて販売中。価格は平日が大人3400円/小人1900円で、土日祝日(長期休暇期間)は100円増。料金には電車運賃と電車設備利用料のほか、おかでんミュージアム入館料、岡山電気軌道の路面電車一日乗車券が含まれており、利用者には乗車記念品のプレゼントも用意されています。

ねとらぼ

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ