接客業専門のマッチング「フクギョウ社員」開始 副業でも正社員採用に

3月18日(月)18時3分 財経新聞

(画像: ESCAPE TOKYOの発表資料より)

写真を拡大

 ESCAPE TOKYOは13日、副業をしたい人材と人材不足で悩む接客業種の企業をマッチングする、「フクギョウ社員」という新たなサービスの開始を発表した。このサービスの大きな特徴は、パートタイム労働であっても正社員契約となる点だ。日常の隙間時間を活用して、接客の副業をしつつ安定した収入を得ることができる。

【こちらも】経産省、副業・兼業限定で「空飛ぶクルマ」開発のメンバーを公募

 求職者側は、「フクギョウ社員」にWeb登録をすると、企業紹介と就業意思確認が行われる。人材を必要としている企業側は、Web登録と共に人材依頼を行うことで、人材提案と面談意思確認が行われる。求職者と企業の双方が同意すれば、「フクギョウ社員」が面接をセッティングし、面接・採用に至るという流れだ。

 対象となっている接客業は、飲食、アパレル、ホテル、販売、アミューズメントなど多岐に渡る。飲食であれば、ホール以外にも調理、店長、レセプションもこれに含まれる。アパレルでは商品管理、販売では製造、ホテルやアミューズメントでは案内業務も含まれる。接客だけでなく、それに付随する業務も対象となっている。

 副業でありながら正社員契約となる点は、「フクギョウ社員」の最も大きな特徴だ。ホームページには、週2日、1日6時間勤務の場合、固定給で70,000円からと記載されている。安定した収入に加え、職歴としても評価される他、福利厚生も用意されている。しっかりと休日を設けて、柔軟かつ安定した副業スケジュールを組むことが可能だ。

 その他には、将来的な接客業での独立や転職を見据えた際の、足掛かりとして利用できる点も挙げられている。またフリーランスの場合には、安定した収入によって、じっくりと将来設計を行うことが可能だ。さらに接客業を通して身についた経験が、本業にも好影響を与えることで相乗効果を促し、キャリアアップやスキルアップにも繋がることがメリットとしてアピールされている。

財経新聞

「副業」をもっと詳しく

「副業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ