勇退した内場勝則座長&辻本茂雄座長の最後の座長公演を放送! MBSテレビ「よしもと新喜劇」3月23日&4月6日お互いの人気キャラで共演も!

3月19日(火)17時40分 PR TIMES

[画像1: https://prtimes.jp/i/31348/155/resize/d31348-155-786480-2.jpg ]

3月1日に60周年を迎えた吉本新喜劇。これを機に4座長(小籔千豊川畑泰史すっちー、酒井藍)4リーダー(清水けんじ、吉田裕、諸見里大介、信濃岳夫)の新体制に移行するのに伴い、内場勝則座長と辻本茂雄座長が勇退した。
1989年の「吉本新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」の後、ニューリーダーを経て、1999年に座長に就任。新喜劇が低迷した時代から現在に至るまで新喜劇を支えてきた。MBSテレビでは、長年座長を務めて来た2人の最後の座長公演を「よしもと新喜劇」(土曜後0:54〜1:54)で、3月23日と4月6日に放送する。


[画像2: https://prtimes.jp/i/31348/155/resize/d31348-155-384892-5.jpg ]

ツッコミからボケ、回し役と何でもこなし、新喜劇の「スーパー座長」と言われた内場勝則。「お正月SP」でも借金取り役の辻本が風呂桶を片手にカラオケに行く姿を見て「カラオケと空の桶、かかってるんですか?」とアドリブでツッコみ、大爆笑を取り、辻本も「そんなん言わしたら日本一やな」と舌を巻くほど。
一方、数々のボケとツッコミを連発、アルバイト先を引っ掻き回す、とんでもない爺さん、茂造で子どもから大人まで大人気を博した辻本茂雄。階段落ちやギロチン扉、音楽やダンスを取り入れショーアップされた舞台、何度見ても爆笑を誘う計算された「笑いとツッコミの間」は、「見る側の期待」を裏切らなかった。
[画像3: https://prtimes.jp/i/31348/155/resize/d31348-155-863546-0.jpg ]

3月23日放送分はその辻本茂雄座長の「茂造の、遠くて近い存在」。辻本座長が人気キャラ茂造に扮し、旅館のアルバイトに。旅館を巡って地上げ屋や借金取りが現われたり、階段落ちなどの仕掛けあり、定番ギャグありの爆笑の連続のなか、結婚間近の旅館の女将の姪を巡る人情劇も展開され、ホロリとさせる。内場座長が久々に「アホぼん」を演じ、右手に直角に持ったクラッチバッグを奪われると力が抜ける、新喜劇ならではのキャラクターで登場するのは必見。

[画像4: https://prtimes.jp/i/31348/155/resize/d31348-155-163743-3.jpg ]


4月6日放送分は内場勝則座長の「内場夫婦はいぃ〜!家族」。内場座長が実生活でも夫婦の未知やすえと夫婦役で登場。娘の結婚式を1週間後に控え、穏やかな生活を想像する内場の妻が密かに離婚を考えていた!? 池乃めだか、末成由美が両親夫婦を演じ、後輩夫婦を実生活でも新婚の吉田裕と前田真希が扮するなど、どこにでもありそうな家族のドタバタ劇をユーモラスに描く。辻本が定番の借金取りに扮して登場するのも見ものだ。

去る3月2日放送の「60周年だよ!よしもと新喜劇」で、勇退にあたって内場は「次の世代の新生・吉本新喜劇を楽しみにしております。皆さん、温かい目で育ててあげてください」。辻本は「座長は勇退しますが、これからもベテランとして新喜劇を支えて行きたいと思います」とコメント。
20年に及ぶ座長としての最後の公演をお見逃しなく!

PR TIMES

「喜劇」をもっと詳しく

「喜劇」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ