映画版「ファイナルファンタジー」やファンタジーゲームのイラストを手掛けるCGイラストの先駆者 内尾和正氏 個展 2019年4月19日〜4月21日 開催

3月20日(水)12時0分 @Press

アートコレクションハウス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:浦川司)は、CGイラストの先駆者として数々の作品を手掛けている、内尾和正氏の個展「ファンタジーアートの巨匠 内尾和正心描画(しんびょうが)展 〜心を映す 竜や妖獣が息づく幻想の森〜」を2019年4月19日(金)〜21日(日)の期間、東京・秋葉原にて開催いたします。未公開の新作版画が発表される他、内尾氏本人によるトークショーをはじめ、これまで手掛けてきた数々の作品を一堂に会し展示いたします。尚、作品は一部を除き購入可能です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179911/LL_img_179911_1.jpg
螺梯の稟(らていのりん)(C)kazumasa UCHIO

◆内尾和正の心描画(しんびょうが)とは?
本展示会で披露するのは、作家自ら「心描画」と呼ぶ、まさに内尾氏の心の中にある世界です。確かな技術で繊細かつ緻密に描かれる独創的な世界観は見る者を作品世界に引き込み、魅了し続けています。内尾氏は心描画について「作品を描き始めるときには頭の中に絵は完成していて、それを指先から形にしている感覚です」とも語っており、様々な感情を映し出す竜や、作品の中にひっそり息づき、どこか愛嬌のある妖獣たちも内尾作品の大きな魅力です。

展示会会場では、森の深部から外の世界へ抜けていく一連の作品を、まさに心描画の世界を竜や妖獣たちと歩くイメージで展示し皆さまをお迎えします。


◆〈ドラゴン出現注意?!〉人気ゲームイラストや初出展の作品を大公開
「ファンタジーアートの巨匠 内尾和正心描画展 〜心を映す 竜や妖獣が息づく幻想の森〜」では、新作版画作品を発表する他、版画未制作の大型作品や『神撃のバハムート』、『天空のクリスタリア』、『テラバトル』などイラストレーターとして手掛けてきたゲームイラストも一部公開予定です。内尾氏の心の中の風景や生き物たちを存分にお楽しみいただけます。

〈スペシャル企画〉内尾和正氏による新作解説トークショーを開催!
展示会会期中の一部日程で作家本人が来場し、本展示会にて発表する最新作の解説をトークショー形式にて実施いたします。作品の映像をご覧いただきながらの作品解説は滅多に聞くことができない貴重な機会です。作品に登場する竜や妖獣に関するお話もお楽しみいただけます。

作家来場イベント:4月20日(土)14:00〜/4月21日(日)14:00〜


◆作家紹介
内尾和正(うちお かずまさ)
1959年生まれ、岡山県出身。1979年大阪デザイナー学院イラスト科卒業。キリンコンテンポラリーアワード‘92入賞をはじめSKIPクリエイティブヒューマン大賞最優秀賞受賞等、数々の賞を受賞。その確かな技術と表現力が注目され、1999〜2001年には映画「ファイナルファンタジー」マットペイント&コンセプトアート制作に携わる。その後も、テレビCMでの作品映像化や数々のファンタジーゲームでコンセプトアート、キャラクター制作を手がける。国内での積極的な活動に留まらず、ベルギーでも個展を開催。現在はライフワークである絵物語『綺譚(きたん)しるべ』の制作に取り組んでいる。


◆「ファンタジーアートの巨匠 内尾和正心描画展
〜心を映す 竜や妖獣が息づく幻想の森〜」 開催要項

場所 :秋葉原UDX 4F UDXギャラリーNext2
所在地 :〒101-0021 東京都千代田区外神田4丁目14-1
開催日 :2019年4月19日(金)〜4月21日(日)
時間 :11:00〜19:00 ※初日は14時 開場、最終日は17時 閉場
作家来場イベント:20日(土)14:00〜/21日(日)14:00〜
実施内容 :
・新作版画作品発表
・版画未制作の大型作品をはじめ初出展のオリジナル作品を公開!!
・2003年の画家活動開始から発表されてきた版画作品の数々を一堂に展示!
・会場にて、「醇ろう(じゅんろう)」(“ろう”は木へんに龍)メイキング動画、奇譚しるべ第1章予告PVを初公開!

公式サイト: http://art-eventcollection.info/uchio/index.html


お問い合わせ:アートコレクションハウス株式会社
TEL:03-5846-1971 受付時間12:00〜19:00(火曜日、水曜日定休)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「イラスト」をもっと詳しく

「イラスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ