疲れていても食べなきゃならない、作らなきゃならない...そんな時にすぐに作れて、食べれば体の中から元気が湧いてくる。働く人を応援する、10分どんぶりのレシピ集が登場しました!

3月20日(水)11時40分 PR TIMES

インプレスグループで料理・文芸関連の出版事業を展開する立東舎(所在地:東京都千代田区、発行人:古森 優)は、料理の本棚シリーズ最新刊『至福のどんぶりレシピ』を、2019年3月15日に発売します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/2664/resize/d5875-2664-956945-0.jpg ]


インプレスグループで料理・文芸関連の出版事業を展開する立東舎(所在地:東京都千代田区、発行人:古森 優)は、料理の本棚シリーズ最新刊『至福のどんぶりレシピ』を、2019年3月15日に発売します。

さっと作れて洗い物も少ないから、働く人にはこの上なく便利なメニュー、どんぶり。本書では忙しくて作る時間がない、台所に立つ気力がないという人でも、その日の自分のコンディションで選んでもらえるどんぶりレシピを紹介しています。卵のどんぶりが好きなら、ふわっふわの卵にあんをとろりとかける天津飯のどんぶり。火を使わずにすぐ食べたい! という人には、材料を切ってのせるだけのツナ塩こんぶどん。中食を活用して包丁すら使わずに作る焼き鳥タッカルビどん。どんぶりに合わせたいレンチンスープなど気分にぴったりくるどんぶり&スープレシピが必ず見つかります。春からの食卓に、かんたんで口福になれる「どんぶり」を取り入れましょう。

CONTENTS
第1章 やっぱり卵が好き! ふわとろどんぶり
しらすオムレツ/飲める! 天津飯/巻かないだし巻き卵/トマ玉炒めetc.

第2章 ガッツリ食べたい まんぷくどんぶり
牛ごぼうの甘辛煮/ねぎ塩焼き肉/豚こまカレーマヨ炒め/とんテキetc.

第3章 21時過ぎなら 夜遅どんぶり
くずしやっこ/あさりとレタスのとろとろ/鶏ともやしの青じそ風味etc.

第4章 火を使わずに作れる いきなりどんぶり
みつばコンビーフ/アボカドなめたけ/ツナキャベツ昆布/いわし梅とろろetc.

第5章 惣菜や缶詰を使って やりくりどんぶり
メンチカツで〜おろしポン酢メンチ/鶏のから揚げで〜香味から揚げ/焼き鳥で〜チーズタッカルビetc.

第6章 スープをかけて さらさらどんぶり
豚肉ときのこのサンラータン/ミネストローネ/シーフードミルクカレー/肉吸いetc.

Column1 たまにはぜいたくどんぶり
ビーフステーキ/角煮/ロコモコ/ブイヤベース/漬けまぐろ/海鮮ユッケetc.

Column2 湯を注ぐだけスープ
わかめとミニトマトのすまし汁/レタスのみそ汁/卵チーズスープetc.

Column3 レンジでチンするスープ
ひき肉とキャベツの春雨スープ/かぼちゃのスープ/豆腐と韓国のりのスープetc.

素材別index


著者「はじめに」より
「あ〜、おなかすいたな〜」
そんなときに最高なのが"どんぶり"。
ホカホカのごはんにちょっと濃い目の味つけのおかず。
たれがしみたごはんなんかもうたまりません。
ホントにおなかがすいているときには、ガッツリ味のボリューム重視。
遅い時間なら、軽めで消化のいい、ヘルシーなどんぶりがいい。
火にかけることすら面倒なときだって、多々あると思います。
この本ではそんなシーンに合わせて、時短を超えた速攻で作ることができるどんぶりから、
ボリューム満点どんぶり、夜遅くなった時にでも胃にやさしいどんぶり、
おそうざいや缶詰、市販品を駆使したどんぶり、さらっと食べられて体が温まるスープどんぶり、仕事をがんばったときや、休日に時間をかけて作るちょっとぜいたくなどんぶり、
そして僕が愛してやまない卵をふんだんに使ったどんぶりなど、おなかだけではなく、心まで満たしてくれるような、至福のどんぶりたちを紹介しています。
どんぶりに合う、簡単スープのレシピも考えました。

大変な毎日の中でも、気楽に作れて、
その日一日の疲れを吹き飛ばしてくれるような一杯になれば。
そして、料理を作るのが面倒だな〜と思っている人に、
あれ、料理楽しい...って思ってもらえるようになれば、うれしいです。
ぜひたくさんのレシピの中から、あなただけのお気に入りを見つけてみてください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/2664/resize/d5875-2664-151632-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/2664/resize/d5875-2664-550436-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/2664/resize/d5875-2664-534332-2.jpg ]


PROFILE
今井 亮(いまい・りょう)
1986年、京都府京丹後市生まれ。日本海のおいしい魚に囲まれて育ち、いつしか料理人をめざす。高校卒業後、京都市内の老舗中華料理店で5年間修行を積み、調理師免許を取得。2010年に上京、フードコーディネータースクールを卒業後、料理家のアシスタントを経て独立。雑誌やweb、テレビ番組のフードコーディネート、レシピ提案、監修など、幅広く活躍中。主宰する料理教室「亮飯店」も大人気で、リピーターが続出。著書に「これが男の本気メシ」(成美堂出版)、「愛しのから揚げレシピ」(小社)など。モットーは「おいしくて、楽しい」。

書誌情報
書籍:『至福のどんぶりレシピ』
著者:今井 亮
定価:1,512円(本体1,400円+税)
発売:2019年3月15日
仕様:A5判/112ページ
ISBN978-4-8456-3346-3
立東舎発行/リットーミュージック発売
商品情報ページ http://rittorsha.jp/items/18317417.html


【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスホールディングス 広報宣伝担当
Tel: 03-6837-5051 / E-mail: pr@rittor-music.co.jp

PR TIMES

「レシピ」をもっと詳しく

「レシピ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ