BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「2017年 憧れの女性像に関する調査」を発表 基本を見直し、強くなりたい女性多数!?目指したい女性像は「前向き」「ぶれない」「自信がある」女性

@Press3月21日(火)15時0分
画像:「2017年 憧れの女性像に関する調査」を発表 基本を見直し、強くなりたい女性多数!?目指したい女性像は「前向き」「ぶれない」「自信がある」女性
写真を拡大
画像:「2017年 憧れの女性像に関する調査」を発表 基本を見直し、強くなりたい女性多数!?目指したい女性像は「前向き」「ぶれない」「自信がある」女性
写真を拡大
画像:「2017年 憧れの女性像に関する調査」を発表 基本を見直し、強くなりたい女性多数!?目指したい女性像は「前向き」「ぶれない」「自信がある」女性
写真を拡大
画像:「2017年 憧れの女性像に関する調査」を発表 基本を見直し、強くなりたい女性多数!?目指したい女性像は「前向き」「ぶれない」「自信がある」女性
写真を拡大
総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也)と、フランス製化粧品「アベンヌ」を輸入販売する株式会社ピエール ファーブル ジャポン(本社:東京都港区、代表取締役社長:牧野 美則)は、共同運営する美容情報サイト「素肌カレンダー」の読者である、毎日を忙しく生きる現代女性のインサイトを把握することを目的に、「憧れの女性像」に関する意識調査を実施いたしました。


■毎日を忙しく生きる現代女性のための美容情報サイト「素肌カレンダー」
http://suhada.avene.co.jp/
本調査では、20代〜30代の女性1,050名を対象に、女性として身に着けたい要素や、自身の見直したいことを広く聞き、現代女性が目指す女性像を調査しています。


<調査結果のポイント>
・2017年に目指したいのは「前向きな女性」、「ぶれない女性」「自信がある女性」。
 強く明るい女性像に支持が集まる。

・自身の性格の見直したい、鍛えなおしたい点は
 「面倒くさがり」「自信がないこと」が上位に。

・「ぶれない女性」を目指す理由は「自分の基盤を固めたいから」が最多。

・基盤を整えたいところは「体型」「性格」「肌」、内面と外面の要素が混在する結果に。

・主な肌悩みは20代・30代共に「毛穴」、
 7割の女性が生理周期・ストレス・季節変化による肌荒れを自覚。

・約半数が1年間に化粧品を数回以上変更すると回答。
 肌の基盤を整えたい人ほど、頻繁に化粧品を変える傾向あり。


■調査概要
・調査日程  :2017年2月10日(金)〜2月13日(月)
・調査地域  :首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に居住
・年代    :20代・30代
・性別    :女性
・有効回答者数:1,050名
・調査方法  :インターネットリサーチ


<2017年に目指したいのは「前向き」「ぶれない」「自信がある」女性、
強くて明るい女性像に支持が集まる。
「ぶれない女性」を目指す理由は「自分の基盤を固めたい」「強くなりたい」。>

20代〜30代の女性1,050名に対し、2017年に目指したいと考える女性像を聞いたところ、「前向きな女性」が約7割と最も多く、次いで「ぶれない女性」が約半数、3位に「自信がある女性」(45.8%)となり、軸がある強くて明るい女性像が支持されていることが分かりました。
【グラフ1】
https://www.atpress.ne.jp/releases/124338/img_124338_1.png

「ぶれない女性」と答えた人にそれを目指す理由について聞いたところ、1位が「自分の基盤を固める」(63.7%)となり、2位が「強くなりたいから」(44.3%)、3位が「かっこいいと思うから」(43.3%)となり、基盤を固めて軸を持つことで、強くかっこよくありたいと考える女性が多いことがわかりました。また、約3割が「女性から憧れられる存在になりたい」と回答しており、異性からの支持よりも同性からの支持を求めている女性が多いようです。
【グラフ2】
https://www.atpress.ne.jp/releases/124338/img_124338_2.png


<今年こそ見直したい自身の性格は「面倒くさがり」「自信がない」「短気」>
今年こそ見直したい自身の性格を聞いたところ、約半数が「面倒くさがり」(46.4%)、「自信がない」(45.7%)と回答し、次いで「短気・怒りっぽい」(41.8%)となりました。軸が通った強くかっこいい女性、明るく、ぶれない女性が支持される中で、自信を持つことを重要と捉えている女性は多いと言えそうです。
【グラフ3】
https://www.atpress.ne.jp/releases/124338/img_124338_3.png


<基盤を整えたいことは「体型」「性格」「肌」、内面と外面の要素が混在する結果に。>
軸を持つこと、ぶれないことが支持され、基本を見直したいと考える女性が多い中、具体的に基盤を整えたいと思っていることについて聞いたところ、20代・30代共に「体型」が約半数と最も多く、20代は次いで「性格」(41.3%)、「肌」(37.9%)となり、見た目と内面の両方を見直したいと考えている女性が多いようです。一方、30代の女性は2位に「肌」(38.1%)、3位に性格(37.8%)となりました。
【表1】
https://www.atpress.ne.jp/releases/124338/img_124338_6.png


<主な肌悩みは20代・30代共に「毛穴」、
2人に1人が生理周期・ストレス・季節変化による肌荒れを自覚>
外見に自信を持ちたいと考える女性が多いことから、現在の肌悩みに関して聞いたところ20代・30代共に「毛穴」が多く、20代では2位に「乾燥」(41.3%)、3位に「ニキビ/吹き出物」(37.9%)となり、30代では2位に「しみ」(46.0%)、3位に「ハリや弾力の衰え」(43.4%)となりました。
【表2】
https://www.atpress.ne.jp/releases/124338/img_124338_7.png

また、肌悩みが最も生じるタイミングを聞いたところ、20代では「生理周期によって」(47.3%)、30代では「季節の変わり目」(41.4%)が最も多く、季節変化や生理周期以外では、20代で「ストレスを感じた時」(39.8%)に肌が荒れると回答している女性が多く見られました。
これら生理周期、季節変化、ストレスによる肌荒れを自覚している割合は全体で7割で、およそ2人に1人の女性が月周期や季節変化など一定のサイクルで肌荒れを起こしているようです。
【表3】
https://www.atpress.ne.jp/releases/124338/img_124338_8.png
【グラフ4】
https://www.atpress.ne.jp/releases/124338/img_124338_4.png


<約半数が1年間に化粧品を数回以上変更すると回答。
肌の基盤を整えたい人ほど、頻繁に化粧品を変える傾向に。>
化粧品をどれくらいの頻度で変えているかを聞いたところ、約半数の女性が1年間に数回以上変えていると回答しました。特に肌の基盤を整えたいと回答した女性は、そうでないと回答した女性と比較して、月に1回以上化粧品を変更する割合が約2倍となりました。1年間に数回以上変更する人まで含めると(51.1%)、そうでない女性よりも4ポイント高く、肌の基盤を整えたい人ほど頻繁に化粧品を変えている傾向にあるようです。
【グラフ5】
https://www.atpress.ne.jp/releases/124338/img_124338_5.png


■All Aboutガイドによる解説
「恋愛」ガイド:相沢 あい
人間関係に悩む人の心を軽くする「コミュニケーションアドバイザー」
恋愛コラムニスト/コミュニケーションアドバイザー。早稲田大学人間科学部出身。高校生の時から執筆活動を開始。2004年にミスインターナショナル日本ファイナリスト選出を機に、芸能活動を始める。現在は、コラム執筆・インタビュー原稿作成などを行うライターや、広告やWEBの制作、レポーターとしても活動中。

『日本人は他人よりも目立ったり、自信を表に出すことをあまり良しとしない社会的背景があるので、自分を抑圧しがちです。また、人に合わせることで和を乱さないようにする傾向もあり、事を荒立てるよりも、自分の意見を押し殺すことで事態を収束させようとする人が多いです。そういう環境では「自分」という認識や自己肯定感を得づらいので、自信が持てない人が多いのかもしれません。
そんな社会風潮のなか、TwitterやInstagramなどSNSの普及によって、芸能人やインフルエンサーなどの発信力が高まりました。投稿内容はライフスタイルに関するものだけでなく、彼らの考え方や、意見、スタンスも自由に発信されており、自分で人生を切り拓いて輝いている姿は、「強くて明るい」女性たちへの憧れの土台となっているように思います。
調査結果で、「ぶれない女性」を目指す理由の上位に「自分の基盤を固めたい」「強くなりたい」と回答した方が多かったのも、自信のなさからくる「ぶれやすくて弱い自分」を変えたいという思いの現れなのではないでしょうか。見直したい性格でも「自信がない」が上位にきていますが、同時に「面倒くさがり」であることから、思うように自分の性格が直せていないことも伺えます。』


「スキンケア」ガイド:吉田 貴子
皮膚科・美容皮膚科医。渋谷スキンクリニック院長。一般皮膚科と美容皮膚科の両方を開設し、男女問わずあらゆる肌の悩みに向き合う。なかでもニキビ治療を得意とし、しつこいニキビや深刻なニキビ痕をケア。保険診療の他、自費治療での美容皮膚科診療、メディカルエステを組み合わせ、ニキビケアに取り組んでいる。

『肌の表面は、0.02〜0.03mmほどの厚みしかない角質層と、その上に皮脂などでできている皮脂膜があります。この薄い角質層と皮脂膜は、「バリア機能」と呼ばれ、潤いを蓄え、外界からの刺激から身体を守る役割を果たします。この「バリア機能」が遺伝的、後天的に低下すると外的刺激に肌が弱くなり、皮膚炎を起こすリスクが高くなります。近年よく耳にする「花粉症皮膚炎」もそのひとつです。空気中に飛散された花粉が肌に付着し、それが肌内部に侵入し皮膚炎の症状である、赤み、痒みを引き起こすのです。
バリア機能には肌のいくつかの要因が関係しています。加齢による変化も大きいのですが、スキンケアの怠りによる場合が多いのも現状です。これらの要因により肌のターンオーバー周期が乱れると、肌細胞の配列が乱れ、肌バリアの機能が低下してしまいます。特に、乾燥が気になる冬から花粉が飛ぶ春にかけては、バリア機能を高めるべく保湿を心がけてください。
また、調査をみると、全体の約2割の方が半年に数回化粧品を変えると回答しています。肌のターンオーバーは4週間とは言われていますが、私の診療では、実際に化粧品の使用を始めて効果が実感できるまでには3か月くらいはかかるとお話しています。
化粧品は肌との相性もありますが、肌の基盤が整っていると、その効果が得られやすいと言えます。そのため、肌の基盤が整っていない人は短い期間で効果を感じにくく、化粧品を頻繁に変えてしまう傾向にあると考えられます。1ヵ月〜2ヵ月で化粧品を判断せず、肌にあったもので日々丁寧なスキンケアを行うことが、ちょっとしたトラブルにもぶれない、美しい肌の土台作りにはとても大切です。』


■オールアバウトについて URL: http://corp.allabout.co.jp/
株式会社オールアバウトが運営するAll Aboutは、約1,300のテーマごとに、専門の知識や経験を持った人=「ガイド」が、その分野に関する情報を提供する総合情報サイトです。2001年2月15日のサイトオープン以来、順調にユーザ数を伸ばし、月間総利用者数は約3,370万人(2016年3月実績、スマートフォン、モバイル含む)となっています。


■アベンヌについて URL: https://www.avene.co.jp/
「素肌のチカラ、呼びおこせ。深層ミネラル温泉水スキンケア」
アベンヌ スキンケアシリーズは、アベンヌ“深層ミネラル温泉水”の「ミネラル」と「バイオ」のチカラ、さらに南仏ピエール ファーブル社による皮膚科学に基づく長年の研究と実績から生まれたスキンケアシリーズ。全品に、肌のターンオーバーを整えるミネラルバランスを持つアベンヌ温泉水を配合しており、使い続けることによって肌の土台をしっかりと整え、美しい肌に導きます。敏感な肌はもちろんのこと、すべての肌タイプの方に心地よくお使いいただけます。


■素肌カレンダーについて URL: http://suhada.avene.co.jp/
素肌力を高める肌ケア情報、パリからの最新ビューティー情報、旬の食材を使用したレシピなど、女性の肌が芯から美しくなるための情報を日々発信しているビューティーマガジンです。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「女性」「調査」「前向き」「情報サイト」の関連トピックス

「女性」をもっと詳しく

注目ニュース
ドコモ「長く同じスマホ」で割引…特定機種のみ 読売新聞5月24日(水)7時9分
NTTドコモは、スマートフォンの特定の機種を長く利用する人を対象に、毎月の通信料を割り引く新しい料金メニューを導入する方針を固めた。ドコモからKDDIやソフトバンクの格安ブランドに乗り換えるケースが増えており、新たな値引きプランで長期の利用者を囲い込む狙いがある。[ 記事全文 ]
三菱東京UFJ銀行の小山田頭取が退任、三毛副頭取が昇格へ TBS5月24日(水)5時35分
三菱東京UFJ銀行は、小山田隆頭取が退任し、後任に三毛兼承副頭取が昇格する人事案を固めたことが関係者への取材で分かりました。[ 記事全文 ]
シビックの日本モデル公開 ホンダ、6年ぶり今夏発売 共同通信 47NEWS5月23日(火)18時15分
ホンダは23日、今夏に国内で約6年ぶりの復活で発売する小型車「シビック」の日本モデルの試作車を、千葉県袖ケ浦市のサーキットで報道関係者に公…[ 記事全文 ]
人手不足で高騰する初任給 新たな学歴格差生む懸念も NEWSポストセブン5月23日(火)7時0分
就職活動中の学生にとって、会社選びの重要な決め手となるのは「給与水準」だろう。初任給だって1円でも高いほうが、働く意欲に結びつくはず。[ 記事全文 ]
三菱東京UFJ銀の小山田頭取が退任へ 読売新聞5月24日(水)6時7分
三菱東京UFJ銀行の小山田隆(おやまだたかし)頭取(61)が退任する見通しとなったことが23日、わかった。後任には、三毛兼承(みけかねつぐ)副頭取(60)が昇格する案が有力となっている。小山田氏は昨年4月、頭取に就任した。今年4月には全国銀行協会の会長に就いたばかり。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア