BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

個人型確定拠出年金に加入するべき? 最新“年金事情”からひも解く必要性

オリコン3月21日(火)9時50分
画像:“個人型確定拠出年金”に加入する必要性とは? 年金事情から見ていこう
写真を拡大
“個人型確定拠出年金”に加入する必要性とは? 年金事情から見ていこう
 老後に全員が受け取る年金に「国民年金」がある。公務員や会社員ならば厚生年金も上乗せで受け取れ、一部の企業の社員の場合は、企業年金なども受け取れる。わざわざ個人型確定拠出年金に加入する必要はあるのか。その必要性を考えてみよう。

■今後の公的年金の給付見通しは暗い

 平成28年度の生命保険文化センター「生活保障に関する調査」による意識調査の結果、夫婦2人で老後生活を送るうえでの日常生活費が最低いくら必要かについては、月額平均22万円となった。さらに、旅行やレジャーなども含めた、ゆとりある生活を送るための費用は平均34万9000円という結果だった。

 では、実際に受け取れる年金額はというと、平成26年度の厚生労働省「厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金受給権者の平均年金月額は約14万5000円、国民年金受給権者の平均年金月額は約5万4000円だ。

 たとえば、夫が厚生年金と国民年金、妻が国民年金のみ受給ならば合計25万3000円となる。最低限の生活は送ることはできるだろうが、旅行やレジャー、趣味を思う存分楽むには“心もとない金額”と感じる多いのではないだろうか。

■年金制度継続の難しさ

 さらに、少子高齢化が進むなか、年金制度を永続させることが政府の至上命題であり、給付額の抑制や受給開始年齢の引き上げで調整をさらに進めるだろう。

 国民年金の給付に際しては、現役世代の所得に対する年金額の比率「所得代替率」という指標がある。平成26年度の財政検証では「年金を受給し始める時点で、現役サラリーマン世帯平均所得の50%を上回っていること」という方針はあるものの、経済や人口動向によっては受給開始後にそれを下回る試算が出ている。もっとも最悪のパターンでは42%にまで落ち込み、実際の所得代替率は平成26年時点で62.7%だ。今でさえ、公的年金を持続可能にするためには給付水準が高すぎるとの声が上がっている。今の現役世代が給付開始年齢に達する頃には、所得代替率が下がることはほぼ間違いないと思われる。

■企業年金は“確定給付から確定拠出にシフト”

 会社員なら、勤め先で企業型確定拠出年金以外の企業年金に加入している場合も多いだろう。企業年金には企業型確定拠出年金以外に「確定給付年金」と「厚生年金基金」もあるが、今、企業型の確定拠出年金に年金制度を移す企業が増えている。企業型確定拠出年金は、従業員にとってはもちろんのこと、企業にとってもメリットのある制度だからだ。

 まず、拠出金は損金計上できるため、法人税が軽減される。さらに、従業員自身が運用先を選ぶので、年金運用のリスクも負わなくて済む。このように聞くと「従業員への責任転嫁なのでは」という疑念が生まれるかもしれないが、年金の積み立てや運用が経営を圧迫しているようでは元も子もない。そう考えると、企業型確定拠出年金での資産準備は非常に合理的だ。

 さらに言うと、従来の企業年金だと、原資は会社とは分別管理されているものの、運用が予定通りにいかない場合などは減額されることがあり得た。その点、企業型確定拠出年金なら企業が拠出した分でも、拠出された時点で従業員に財産権が移る。自分で運用することにより年金額も把握しやすくなるので、老後資産のめどが立てやすい。

■公務員の優遇制度も廃止に

 また、公務員においても年金減額の波が押し寄せている。平成27年10月に共済年金は会社員の厚生年金と一元化され、2万円程度の上乗せ年金であった職域加算が廃止された。代わりに年払い退職給付が導入されたのだが、これはモデルケースで1万8000円程度の上乗せとされており、職域加算と比べると毎月約2000円減っている。

 さらに、退職金は平均400万円も引き下げになった。この減額はかなりの痛手だ。かつては「将来安泰」と言われていた公務員も、制度改革により老後資金が減り、リタイア後の生活の見直しが必須となった。

■「国任せ」「会社任せ」を脱し、自助努力が必須の時代に

 公的年金は物価や賃金、企業年金は経営状況などによって左右され、給付額は決まっていない。公的年金だけを老後生活の頼りにするには、あまりにも危うい選択だ。余裕のある老後のために、国や会社に任せきりにするのではなく、早いうちに資産形成を学び、自分でお金を増やしていく方法を身につけるのが得策だ。

 そのために、強力な税制優遇があり、自分で運用する個人型確定拠出年金を利用するのはとても有効な手段なのである。今こそ「じぶん年金」の仕組みを学び、将来の糧とする必要があるのだ。

(マネーライター・永井志樹子)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「個人型確定拠出年金に加入するべき? 最新“年金事情”からひも解く必要性」の関連ニュース

注目ニュース
「糖質オフ」の波、牛丼チェーンにも! TBS3月28日(火)19時35分
ダイエットや健康志向で注目される「糖質オフ」の商品。牛丼チェーンにも、その波がやってきました。牛丼チェーン「すき家」の新商品発表会。[ 記事全文 ]
宝塚歌劇団が顧客満足度ランキングで初の総合1位に マイナビニュース3月28日(火)16時50分
公益財団法人日本生産性本部サービス産業生産性協議会は3月28日、2016年度「JCSI(日本版顧客満足度指数:JapaneseCustom…[ 記事全文 ]
生保、死亡保険料値下げ…長寿化受け11年ぶり 読売新聞3月28日(火)12時55分
生命保険各社が2018年4月以降、終身死亡保険や定期死亡保険などの保険料を値下げする見通しとなった。契約者の長寿化を反映する。契約者にとっては保険に入りやすくなる一方、保険会社にとっては減収となる。保険料を決める際の基準となる寿命統計「標準生命表」を07年以来、11年ぶりに改定することに伴う措置だ。[ 記事全文 ]
使うと損をすることも!? 自動車保険「車両保険」の注意点とは オリコン3月27日(月)9時30分
事故での損害を補償してくれる自動車保険。自分の車を補償する車両保険は心強い味方だ。[ 記事全文 ]
9割の日本人が知らない、 お金の習慣とは? ダイヤモンドオンライン3月21日(火)11時0分
日系企業を経て、外資系証券会社へ勤務後、お金のふやし方を学び、現在、1億円を超える年収がある著者:生形大氏が書いた『9割の日本人が知らない…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 児童書レーベルの文学賞「第5回角川つばさ文庫小説賞」受賞作品が決定!!2018年に10周年を迎える児童書No.1シェアレーベル※「角川つばさ文庫」が選びぬいた受賞作品が決定!PR TIMES3月21日(火)15時27分
2 不思議の国でフォトジェニックなカラフルメニューが楽しめる!『アリスのイースター』フェア開催PR TIMES3月21日(火)17時46分
3 使うと損をすることも!? 自動車保険「車両保険」の注意点とはオリコン3月27日(月)9時30分
4 9割の日本人が知らない、 お金の習慣とは?ダイヤモンドオンライン3月21日(火)11時0分
5 東芝の米・原発子会社、28日にも“破産法”申請へTBS3月27日(月)13時0分
6 生保、死亡保険料値下げ…長寿化受け11年ぶり読売新聞3月28日(火)12時55分
7 ラブラブカップルの長続きの秘訣教えます!合言葉は「ありがとう」 新生活&出会いの季節。春の新生活をHAPPYに! 男女別で見る、気になる相手にとってしまう行動5選をランキングで発表!PR TIMES3月21日(火)10時40分
8 「糖質オフ」の波、牛丼チェーンにも!TBS3月28日(火)19時35分
9 東芝、韓国電に支援打診 米原発子会社、近く破産法申請共同通信 47NEWS3月27日(月)10時48分
10 部下を潰して出世する「クラッシャー上司」はなぜ生まれるのかダイヤモンドオンライン3月27日(月)6時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア