BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

アーティストと研究者のコラボレーションプラットフォームAtelier Arts Sciences(アトリエ・アート・サイエンス)とMOUを締結

PR TIMES3月21日(火)15時27分
画像:アーティストと研究者のコラボレーションプラットフォームAtelier Arts Sciences(アトリエ・アート・サイエンス)とMOUを締結
画像:アーティストと研究者のコラボレーションプラットフォームAtelier Arts Sciences(アトリエ・アート・サイエンス)とMOUを締結
写真を拡大
画像:アーティストと研究者のコラボレーションプラットフォームAtelier Arts Sciences(アトリエ・アート・サイエンス)とMOUを締結
写真を拡大
一般社団法人ナレッジキャピタル(代表理事:宮原 秀夫)と、フランスのグルノーブル市にあるアーティストと研究者の
コラボレーションプラットフォーム「Atelier Arts Sciences(アトリエ・アート・サイエンス)(以下AAS)※1」(ディレクター:エリアン・ソス)は、2017年3月18日(土)、MOU(相互連携に関する覚書)を締結しました。

 既にナレッジキャピタルは、AASを運営する「フランス原子力・代替エネルギー庁 電子情報技術研究所(以下CEA LETI)」
ともMOUを締結しており、国際的なコラボレーションに向け「CEA LETI」が研究・開発した技術やノウハウを、ナレッジキャピタル参画者が活用できる仕組みを実現しております。

 この度のAASとのMOU締結により、経済交流の促進とさらなる相互発展のため、協力して取り組んでいくとともに、ナレッジキャピタルのミッションでもある海外の各機関との連携構築による「国際交流」の実現を目指してまいります。

【MOU 基本合意内容】

[画像1: https://prtimes.jp/i/14551/53/resize/d14551-53-203239-1.jpg ]


1.AASとナレッジキャピタルの相互の情報交換
2.任務遂行のための相互訪問
3.ローカルビジネス機会の発掘に繋がる相互紹介
(AASとナレッジキャピタルの判定基準を満たす企業)
4.相互施設によるクロスマーケティング
5.その他相互の経済発展に資すると認められる事業

【MOU締結に関する両者からのコメント】
■AAS ディレクター エリアン・ソス氏
ナレッジキャピタルとのMOU調印に至り、共同で発展していける関係を築けた事をうれしく思っております。今後は、ナレッジキャピタルに参画するアーティストや科学者との交流を促進し、2018年2月に開催予定の芸術、科学、技術のビエンナーレ「EXPERIMENTA」にぜひ、ナレッジキャピタルに出展いただきたいと思っております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14551/53/resize/d14551-53-897956-2.jpg ]


■ナレッジキャピタル 代表理事 宮原 秀夫
本日は、AASとMOU締結するに至ることができ、大変うれしく思っております。
これを契機に、ナレッジキャピタルとAASの繋がりをより強固なものにしていくことで、アート分野において相互発展に寄与していきたいと考えております。


※1 「Atelier Arts Sciences(アトリエ・アート・サイエンス)」とは

[画像3: https://prtimes.jp/i/14551/53/resize/d14551-53-259962-0.jpg ]

AASは、フランスのグルノーブルに位置し、アーティストと研究者のコラボレーションを創出するための、研究的・実験的なプラットフォームとして、2007年に設立されました。運営は、Hexagon Scène Nationale Arts Science(グルノーブルにある国立芸術文化センター、劇場)と、CEA(原子力・代替エネルギー庁)。アーティストと科学者の接点を生み出し、ユニークでイノベーティブな芸術的可能性の探求をミッションに掲げています。


【施設概要】
■施設名
ナレッジキャピタル
■所在地
〒530-0011大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 北館
■施設案内
・The Lab.みんなで世界一研究所
(アクティブラボ.・カフェラボ・イベントラボ)
地下1階〜3階
・フューチャーライフショールーム
1階〜6階
・ナレッジシアター
4階
・ナレッジサロン
7階
・コラボオフィス・コラボオフィスネクス
7階〜8階
・カンファレンスルーム
8階・10階
・ナレッジオフィス
9階〜13階
・コンベンションセンター
地下1階〜地下2階
■運営組織・代表者
一般社団法人ナレッジキャピタル 代表理事 宮原 秀夫
株式会社KMO 代表取締役 小田島 秀俊
■開発事業者
(五十音順)
NTT都市開発株式会社
株式会社大林組
オリックス不動産株式会社
関電不動産開発株式会社
新日鉄興和不動産株式会社
積水ハウス株式会社
株式会社竹中工務店
東京建物株式会社
日本土地建物株式会社
阪急電鉄株式会社
三菱地所株式会社

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「アーティスト」をもっと詳しく

注目ニュース
姑の介護 嫁のはらわたが煮えたぎる理由 プレジデント社6月24日(土)11時15分
老親を在宅介護することになった。仕事に忙しい自分は介護の担い手になれない。兄弟姉妹も“口だけ”介護。[ 記事全文 ]
ノリ、30年ぶり高値…メーカー値上げも相次ぐ 読売新聞6月24日(土)23時19分
お弁当やおにぎりなどに使われるノリが値上がりしている。養殖業者の業界団体が海藻のノリを製造業者に販売する「原料価格」が30年ぶりの高値圏で推移し、製造業者が消費者に販売する加工したノリの小売価格も5〜15%上昇している。[ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]
猛暑予想、チューハイ増産へ…ビール減を挽回 読売新聞6月25日(日)8時18分
今夏の猛暑をにらんで、酒類大手4社が缶チューハイの増産に乗り出す。銘柄によっては昨夏に比べて3割ほど生産量を増やす。酒の安売り規制により、ビールが値上がりして販売量が減っており、割安で人気が高まっている缶チューハイで挽回する。[ 記事全文 ]
麻生太郎という「ドラクエ賢者」の説得力 プレジデント社6月10日(土)11時15分
トランプ大統領がパリ協定からの離脱を表明。これをめぐり、国内外の大物たちから名言続出となっている。日本からも名言が出た。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア