BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

Press Release

PR TIMES3月21日(火)15時27分
画像:Press Release
写真を拡大
「ふるさとクラウドファンディング×位置ゲーム」連携協定自治体や観光企業の地方創生プロジェクトを応援!

株式会社モバイルファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:宮嶌裕二、以下モバイルファクトリー)は、地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディングサービス「FAAVO(ファーボ)」とふるさと納税サイト「F×G(エフバイジー)」を運営する株式会社サーチフィールド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小林琢磨、以下サーチフィールド)と地方創生に繋がるクラウドファンディングプロジェクトの発掘に向けた取り組みについて連携協定を締結しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/24306/2/resize/d24306-2-746962-0.jpg ]


■背景
モバイルファクトリーは、開発運営を手がける位置情報連動型ゲームにおいて鉄道駅や観光地等を対象とした集客キャンペーンを実施することにより、ゲームユーザーが全国各地に訪れる機会を創出し、地域経済の活性化に繋がる取り組みを推進して参りました。
本締結によって、モバイルファクトリーの位置ゲームとクラウドファンディングサービスを運営するノウハウを持ったサーチフィールドの両社が互いの強みを活かしながら、全国の自治体や鉄道会社、観光関連企業等と協力し、まちおこしにつながる新たなクラウドファンディングのプロジェクトやふるさと納税のプログラムを発掘する取り組みを進めて参ります。

※参考ニュースリリース:「O2Oイベント実績!イベント参加人数は17万人!経済効果は15億円!」
 http://www.mobilefactory.jp/newsrelease/2017/20170119

■概要
居住地や性別、年令を問わず多くの方々から資金を調達可能なクラウドファンディングにて、自治体や鉄道・観光関連企業を主体として、まちおこしプロジェクトの資金を集め、プロジェクトの一環として位置ゲームを通じたPRキャンペーンの実施を予定しています。
モバイルファクトリーは、ユーザーに位置ゲームを通じて各地を訪れてもらう等、新しい体験を提供しながら、各プロジェクトをサポートしていくことにより、日本全国のまちおこしを応援していく取り組みを進めて参ります。
また、サーチフィールドは、全国の自治体等とパートナー関係を結んでいるクラウドファンディングプラットフォーム「FAAVO」上で新たなプロジェクトを追加するにあたり、クラウドファンディングの企画相談からプロジェクト運営のコンサルティング支援も実施して参ります。さらに、同社が運営するクラウドファンディング型ふるさと納税プラットフォーム「F×G」を活用し、自治体に対してふるさと納税プロジェクトも同時に受付け、民間・自治体の地方創生活動のサポートも行って参ります。

■「FAAVO」について 
「FAAVO」(https://faavo.jp/)は、お気に入りの街の「地域を盛り上げるプロジェクト」を、全国から支援・応援できる Web参加型クラウドファンディングのプラットフォームです。
「FAAVO 大阪」「FAAVO 岡山」など、市区町村都道府県単位で共同運営者(エリアオーナー)と共同でクラウドファンディングサイトを運営している点が特色で、2012年6月に「FAAVO 宮崎」でサービスを開始して以来、2017年3月現在、24自治体、35金融機関、104民間企業と連携し、全国67エリア日本全国に展開しています。

■「F×G」について 
「F×G」(https://fbyg.jp/) は、地方自治体のためのクラウドファンディング型ふるさと納税プラットフォームです。現在、各自治体の首長や職員が、地域の未来のために日々工夫や努力を重ねています。自治体間競争の時代を生き抜き「選ばれる地方」にならんとする全国の自治体のみなさまを、全力でサポートしていきます。

■今後の展開
モバイルファクトリーは「感動を持ち歩け。」というブランドメッセージのもと、皆様にいつでもどこでも楽しめるサービスの提供を目指します。今後も地方創生に繋がる取り組みを継続し、当社が開発運営する位置ゲームをプレイして出かけたくなった、位置ゲームをきっかけに旅行をして楽しい思い出を残すことができた、というプレイヤーが増やせるよう展開してまいります。

■株式会社モバイルファクトリー 会社概要
会社名:株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/
所在地:東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル8階
代表者:代表取締役 宮嶌 裕二
設立:2001年10月1日
資本金:4億7,276万円
事業内容:モバイルサービス事業

■株式会社サーチフィールド 会社概要
会社名:株式会社サーチフィールド
https://www.searchfield.jp/
所在地:東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル3階
代表者:代表取締役社長 小林 琢磨
設立:2008年7月28日
資本金:1,000万円
事業内容:クラウドソーシング事業、自社メディア運用事業、コンテンツ制作事業

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ふるさと」「クラウドファンディング」「会社」「東京都」の関連トピックス

「ふるさと」をもっと詳しく

注目ニュース
姑の介護 嫁のはらわたが煮えたぎる理由 プレジデント社6月24日(土)11時15分
老親を在宅介護することになった。仕事に忙しい自分は介護の担い手になれない。兄弟姉妹も“口だけ”介護。[ 記事全文 ]
ノリ、30年ぶり高値…メーカー値上げも相次ぐ 読売新聞6月24日(土)23時19分
お弁当やおにぎりなどに使われるノリが値上がりしている。養殖業者の業界団体が海藻のノリを製造業者に販売する「原料価格」が30年ぶりの高値圏で推移し、製造業者が消費者に販売する加工したノリの小売価格も5〜15%上昇している。[ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]
猛暑予想、チューハイ増産へ…ビール減を挽回 読売新聞6月25日(日)8時18分
今夏の猛暑をにらんで、酒類大手4社が缶チューハイの増産に乗り出す。銘柄によっては昨夏に比べて3割ほど生産量を増やす。酒の安売り規制により、ビールが値上がりして販売量が減っており、割安で人気が高まっている缶チューハイで挽回する。[ 記事全文 ]
麻生太郎という「ドラクエ賢者」の説得力 プレジデント社6月10日(土)11時15分
トランプ大統領がパリ協定からの離脱を表明。これをめぐり、国内外の大物たちから名言続出となっている。日本からも名言が出た。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア