BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!〜エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』〜

PR TIMES3月21日(火)15時58分
画像:2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!〜エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』〜
写真を拡大
画像:2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!〜エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』〜
写真を拡大
画像:2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!〜エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』〜
写真を拡大
画像:2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!〜エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』〜
写真を拡大
画像:2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!〜エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』〜
写真を拡大
カドカワ株式会社

第1位は「進撃の巨人 Season 2」

映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽などエンターテイメントの最新消費者動向を独自のユーザー調査から読み解く、企業向け定期サービス『eb-i Xpress』(イー・ビー・アイ・エクスプレス/配信元:カドカワ株式会社)。今回『eb-i Xpress』では、全国47都道府県に在住する5〜69歳男女を対象とした、2017年3月後半〜4月に放送開始が予定されている春アニメ番組の視聴意向について、実態調査を行いました。


【 2017年放送 春アニメ番組の視聴意向 総合ランキングTOP20 】
※2017年春に開始する各アニメ番組の中から、“視聴したい”と選択した作品を集計。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3153/resize/d7006-3153-601492-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/3153/resize/d7006-3153-463498-1.jpg ]



●2017年春アニメで最も視聴したい番組は、「進撃の巨人 Season 2」!

総合ランキング第1位! 最も視聴意向が高かった春アニメ番組は、累計発行部数が6000万部を超える同名の大ヒット漫画を原作とした、「進撃の巨人 Season 2」です。本作品は2013年4〜9月にテレビアニメ第1期(Season 1)が放送、その後2014〜2015年に第1期を再編集した劇場版2部作が公開されました。今回、男女別および10〜40代の世代別ランキングにおいてもトップを獲得し、根強い人気作品であることが伺えます。

第2位には、藤子不二雄Ⓐによる人気漫画を原作とした「笑ゥせぇるすまんNEW」がランクイン。28年ぶりのアニメ化となる本作は、原作の雰囲気はそのままに、オリジナル脚本も交えた1話完結のオムニバス形式。“現代版「笑ゥせぇるすまん」”として注目を集め、特に30代以降の男性からの票数が多くなっています。世代別では、50〜60代のランキングで1位となりました。

第3位は、同名の漫画作品を原作とし、テレビアニメシリーズとしては第6期となる「夏目友人帳 陸」となっています。昨年秋に放送された前作「夏目友人帳 伍」(第5期)の最終話終了後すぐにテレビアニメ第6期の放送決定が発表され、話題を呼びました。早くも続きを楽しめるということで、ファンの期待感が高まり、女性を中心に幅広い支持を集めています。

そのほか世代別の傾向としては、低年齢層女児の圧倒的な支持を得ている、「アイカツスターズ! 第2シーズン」(総合15位)が5〜9歳世代のランキングで1位を獲得。「僕のヒーローアカデミア第2期」(総合6位)は10〜20代、「ベルセルク 第2期」(総合5位)は30代以降の票を多く集めました。

【 2017年放送 春アニメ番組の視聴意向 性別ランキングTOP5 】

[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/3153/resize/d7006-3153-745790-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/3153/resize/d7006-3153-253459-3.jpg ]



◇『eb-i Xpress』 調査概要
国内26万人パネルから、全国47都道府県の5〜69歳(※)の男女1万人超のモニターを対象に、エンターテイメント分野に関して週次でWeb調査を行う、大規模ユーザーリサーチシステム「eb-i」を元に運用。映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽など各エンターテイメントジャンルについて、「eb-i」から抽出したデータをもとに、一定のセグメント・ユーザー嗜好を組み合わせたクロス集計を実施。
(※)14歳以下は保護者の代理回答となります。


◇『eb-i Xpress』 サービスについて
『eb-i Xpress』は、月次レポートと専用サイトのアクセス権を基本パッケージとしたサービスになります。月次レポートはエンターテイメント各ジャンルの接触ランキング、各種分析、時流に応じたテーマをデータで切り取る特集記事などから構成されます。専用サイトでは、随時更新される集計データと過去のアーカイブを閲覧することができます。
URL:http://www.f-ism.net/

[画像5: https://prtimes.jp/i/7006/3153/resize/d7006-3153-187186-4.jpg ]



プレスリリースのダウンロード:https://prtimes.jp/a/?f=d7006-20170321-2430.pdf

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「消費者」「動向」「サービス」「アニメ」の関連トピックス

「2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!~エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』~ 」の関連ニュース

注目ニュース
妊産婦、今でも年50人前後が死亡  横ばい状態、なぜ減らないのか J-CASTニュース4月19日(水)12時7分
日本の妊産婦死亡率は、厚労省によると、世界的に非常に低いとされるが、それでも最近の6年余で298人が亡くなっている。[ 記事全文 ]
優秀な社員が辞めてしまう本当の理由 Forbes JAPAN4月24日(月)7時30分
現職よりも良い仕事を見つけたら、波風を立てることなく今の職場を去りたいと思うものだ。[ 記事全文 ]
東芝、4事業の分社化決定 2万4千人が新会社に 共同通信 47NEWS4月24日(月)13時4分
経営再建中の東芝は24日、電力や社会インフラなど主要事業を四つの会社に分社化することを決めた。[ 記事全文 ]
スポーツ下着に本格参入 時事通信4月24日(月)16時52分
トリンプ・インターナショナル・ジャパンは24日、欧州で販売しているスポーツ下着ブランド「トライアクションバイトリンプ」のブラジャーを日本で…[ 記事全文 ]
1位はあの街 日本を面白くする「イノベーティブシティ」ベスト10 Forbes JAPAN4月23日(日)12時10分
独創的なまちづくり、持続可能なビジネス─未来を見据え、革新的な挑戦を続ける都市はどこか。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア