そのメール、大丈夫!?マナー界のカリスマが気のきいたメールの書き方を教える新刊『気くばりメールはじめました!』を3月25日に発売

3月22日(金)11時40分 PR TIMES

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、働く女性をターゲットにした書籍『気くばりメールはじめました!(できる for Woman)』を2019年3月25日(月)に発売します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/2668/resize/d5875-2668-540645-1.jpg ]


■メールの文章に悩まない! 忙しくても気のきいたメールがパパッと書ける
今や仕事のやり取りに欠かせないメールですが、一般社団法人日本ビジネスメール協会の調査によると、自分のメールに対して何らかの不安を抱いている人は7割を越えていることが分かりました。目上の人に催促する、無理なお願いを聞いてもらうなど、メールを書くのに悩んでしまうシーンは多くあります。

本書は、働く女性をターゲットに「こういうときはどう書けばよい?」「この書き方で相手に失礼?」など困ってしまうビジネスシーンを洗い出し、場面ごとに気のきいたメールの書き方を解説した実用書です。

著者はマナー界のカリスマであるヒロコマナーグループ代表の西出ひろ子氏。同じ働く女性である西出氏が教えるメールの文章術は、相手を思いやる「気くばり」がきちんとあり、日々のメールのやり取りで信頼関係を築く一助になります。

<女性ならではの場面にも対応!メールの書き方が分かります>


仕事の無理を聞いてもらうとき(お願いメール)
ミスをして迷惑をかけたとき(謝罪メール)
打ち合わせ後のお礼をしたいとき(お礼メール)
間違っていることを伝えるとき(指摘メール)
プライベートの誘いを断りたいとき(断りメール)
角が立たないように仕事の催促をしたいとき(催促メール)
子どもが理由で仕事を休みたいとき(社内メール)


■語彙力をアップして、大人女子なメールを書こう
毎日メールを書くビジネスパーソンには「メールを書くときは、いつも同じ言葉を使いまわしている」という悩みが多くあることを受け、本書では語彙力がアップする言い換えフレーズをたくさん紹介しました。たとえば相手の体調を気遣う言葉として、「くれぐれもご自愛ください」だけではなく「十分に養生なさってください」「大事に至りませんようにご自愛ください」など、 複数の言い回しを紹介しています。もう言葉選びには迷いません。本書を読むことで、様々なシーンに応じた文章の表現力がアップするだけでなく、社会人としての教養も身に付けられます。それにより、大人女子にふさわしいメールを書けるようになります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/2668/resize/d5875-2668-358708-2.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/2668/resize/d5875-2668-866633-0.png ]


■目次
1章 メールのきほんを身に付けよう
2章 シーン別 気くばりメールを書こう
3章 美しい言葉を心がけよう—正しい敬語・時候の挨拶—

■書誌情報

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/2668/resize/d5875-2668-781807-3.jpg ]

書名:気くばりメールはじめました!(できる for Woman)
著者:西出ひろ子
発売日:2019年3月25日(月)
ページ数:224ページ
サイズ:A5変型版
ISBN:978-4-295-00596-4
紙版定価:本体1,300円+税
電子版価格:1,300円+税 ※インプレス販売価格
◇書籍情報ページ:https://book.impress.co.jp/books/1118101103
◇Amazonページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4295005967
◇書影ダウンロード:https://dekiru.net/press/500596.jpg

■著者プロフィール

[画像5: https://prtimes.jp/i/5875/2668/resize/d5875-2668-488005-4.jpg ]

西出ひろ子(にしでひろこ)
マナーコンサルタント
国会議員などの秘書を経て、マナー講師として独立。1999年渡英先のオックスフォードで起業。帰国後、研修やコンサルティングなどを行い「魔法の研修」と賞賛される。その活躍は『マナーの賢人』として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組などでも紹介されるマナー界のカリスマ。NHK大河ドラマをはじめ、映画、CM、テレビ番組などで、超一流の俳優や女優、タレント、スポーツ選手などへのマナー指導もおこなっている。日経新聞電子版 WOMAN SMART、マイナビウーマンなどの女性向け媒体での連載多数。著書・監修に28万部突破の『お仕事のマナーとコツ』(学研プラス)など、国内外で85冊以上。著者累計100万部以上。


◆「できる」シリーズについて
「できる」シリーズは、画面写真をふんだんに使い、操作の流れを紙面に再現した入門書の元祖です。操作に必要な「すべての画面」と「すべての手順」を紙面に掲載しているので、パソコンやインターネットの操作に不慣れな方でも簡単に操作や知識を身に付けられます。楽しみながら操作を学べるように、各レッスンにストーリー性を持たせ、章ごとに知識が身に付く構成になっています。おかげさまで「できる」シリーズは、刊行開始から25周年を迎え、シリーズ累計7,500万部を突破しました

◆「できる for Woman」シリーズについて
「できる for Woman」シリーズは、「できる」シリーズから生まれた、働く女性をやさしくサポートする実用書です。Excel業務に役立つ時短技を紹介した「Excel時短はじめました!(できる for Woman)」も発売中です。

[画像6: https://prtimes.jp/i/5875/2668/resize/d5875-2668-781807-3.jpg ]

書名:Excel時短はじめました!(できる for Woman)
著者:清水久三子&できるシリーズ編集部
発売日:2018年9月6日(木)
ページ数:224ページ
サイズ:A5変型版
ISBN:978-4-295-00455-4
紙版定価:本体1,300円+税
電子版価格:1,300円+税 ※ インプレス販売価格
◇書籍情報ページ:https://book.impress.co.jp/books/1118101013

以上

【株式会社インプレス】 https://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

PR TIMES

「メール」をもっと詳しく

「メール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ