2016春ファッション H&Mにみるトレンドを押さえた“簡単コーデ術”

3月22日(火)13時50分 Techinsight

今春、旬のボヘスタイル&肩だし

写真を拡大


東京では桜が開花、重いコートを脱いで、春らしい装いが気になる時期がやってきた。トレンドを取り入れたファッションに挑戦したい人にとって、リーズナブルに流行のアイテムを手に入れられるファストファッションのチェックは今や常識。そこでファストファッション代表格『H&M』の新商品から、この春のトレンドコーディネートをご紹介したい。

日本全国に57店舗(2016年3月現在)を構える、スウェーデン発の人気ブランド『H&M』(http://www.hm.com/jp/)。2016年春は「フェミニンで軽やかな装い」に注目、スプリングアイテムにはトレンドを意識した商品がそろっている。ポイントはズバリ、
・肩だしアイテム
・ボヘスタイル
・大花柄(ビッグフラワー)
・レース

では、これらを実際にコーディネートした例を見てみよう。

■ボヘスタイル


刺繍や部分フリンジが入ったボヘミアンスタイルが昨年秋冬から引き続き流行中。刺繍トリムがアクセントのブラックのコットンワイドブラウス(1,499円)には、キャメルのチアフルカラーのコットンワイドスカート(4,999円)に、レースアップシューズ(2,999円)をコーディネート。軽やかな抜け感のワイドスカートと、肌見せがキャッチーなレースアップシューズはイマドキコーデに大活躍。ほかにも刺繍チュニック(1,999円)、刺繍コットンワンピース(5,499円)、フリンジピアス(999円)などなども新商品にラインアップ、ボヘスタイル対策はバッチリ!


■肩だしアイテム


今季は大胆に肩を露出したアイテムが人気。デコルテ魅せが今年らしいコットン100%のオフショルダーブラウス(ライトブルー)はなんと999円! コーディネートはトップスが甘いので、ボトムスは流行のクラッシュデニム(3,999円)、ヘアバンド(699円)で甘すぎないボヘスタイルに。ほかには肩だしと丈のバランスが絶妙のオフショルダーワンピース(1,999円)では、レッドでトレンドのチアフルカラーも取り入れて。


■大花柄(ビッグフラワー)


刺繍、大花柄、小花柄、立体的なモチーフなど花柄の中でも今年はビッグフラワーに注目。インパクトがあるビッグフラワースカート(5,499円)には、シンプルなトップスを。ブラックのフリンジバッグ、サボ、フリンジピアスをあわせて、今年風な花柄の着こなしも大人のちょいボヘテイストに。


■レース


フェミニンさをアピールしたいなら、今年っぽく刺繍のレースがオススメ。繊細とろみ系や、ざっくりコットン、レースガウチョなど今年は豊富なバリエーションからチョイスできる。レーストップス(2,999円)をカジュアルダウンするならデニムスカート(2,999円)をあわせると新鮮。白のホワイトレーススカート(3,999円)に白い透け感のあるボヘミアンシャツで、オールホワイトコーディネートも今年流。この春、大ブレイクしそうな鮮度抜群、とろみ系や透け感とレースをコーデすれば、さらに女子度アップも。


春のファッションで是非トレンドにトライして、フレッシュな自分に出会ってみては?
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

「ファッション」をもっと詳しく

「ファッション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ