学研ホールディングス(9470)、株主優待を拡充して、 配当+優待利回り2.23%に! 1株⇒4株の株式分割に 伴う配布基準の変更で、最低投資額が従来の4分の1に

3月26日(木)22時5分 ダイヤモンドオンライン

 株式会社学研ホールディングスが、株主優待を変更することを、2020年3月18日に発表した。



 学研ホールディングスの株主優待は、毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上〜300株未満を保有する株主に、自社グループの『商品セット』(4000円相当)を1セット贈呈。300株以上を3年未満保有する株主に『商品セット』(4000円相当)を2セット贈呈。300株以上を3年以上継続保有する株主に『商品セット』(4000円相当)を2セットと『図書カード』(1000円分)を贈呈」というものだった。


 今後も自社商品が贈呈される点は変わらないが、2020年3月31日を基準日として実施予定の「1株⇒4株」の株式分割に伴い、株主優待の内容や配布基準が変更される。


 具体的には、「100株以上〜400株未満(分割前25株以上〜100株未満)を保有する株主に、自社グループの『商品セットA』(2000円相当)を1セット贈呈。400株以上〜1200株未満(分割前100株以上〜300株未満)を保有する株主に、自社グループの『商品セットB』(4000円相当)を1セット贈呈。1200株以上(分割前300株以上)を3年未満保有する株主に、自社グループの『商品セットB』(4000円相当)を2セット贈呈。1200株以上(分割前300株以上)を3年以上保有する株主に、自社グループの『商品セットB』(4000円相当)2セットと、『オリジナル優待品の贈呈やサービス拡充(内容は検討中)』を贈呈」となる。


 学研ホールディングスの株主優待は1株⇒4株の株式分割後も必要株数が「100株以上(分割前25株以上)」とされたことから、今後は従来の4分の1の投資額で、株主優待の権利を獲得できるようになる。なお、分割前に100株以上(分割後400株以上)を保有している株主にとっては、株主優待利回りは変わらない。


 この株主優待の変更は、2020年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。


学研ホールディングスの株主優待制度の変更前と変更後





























(変更前)
基準日保有株式数保有期間株主優待内容
9月末100株以上

300株未満
商品セット4000円相当(1セット)
300株以上3年未満商品セット4000円相当(2セット)
3年以上◆商品セット4000円相当(2セット)

◆図書カード1000円分





































(変更後)
基準日保有株式数保有期間株主優待内容
9月末100株以上

400株未満
商品セット【A】2000円相当(1セット)
400株以上

1200株未満
商品セット【B】4000円相当(1セット)
1200株以上3年未満商品セット【B】4000円相当(2セット)
3年以上◆商品セット【B】4000円相当(2セット)

◆オリジナル優待品またはサービスの拡充
備考
※商品セットは優待カタログの中から選択できるが、400株以上を保有する株主には、

オンライン・ショッピングモール「学研モール」で利用可能なクーポンも、

選択肢として導入する予定。

学研ホールディングスの株主優待利回りは?


 学研ホールディングスの2020年3月25日の株価(終値)は7250円なので、変更後の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※保有期間は3年未満とする)。


【変更前(1株⇒4株の分割前)】

(100株保有の場合)

投資金額:100株×7250円=72万5000円

優待品:商品セット4000円相当

優待利回り=4000円÷72万5000円×100=0.55%


(300株・3年未満保有の場合)

投資金額:300株×7250円=217万5000円

優待品:商品セット8000円相当

優待利回り=8000円÷212万1000円×100=0.37%


【変更後(1株⇒4株の分割後)】

(100株保有の場合)

投資金額:100株×(7250円÷4株=1812.5円)=18万1250円

優待品:商品セット2000円相当

優待利回り=2000円÷18万1250円×100=1.10%


(400株保有の場合)

投資金額:400株×(7250円÷4株=1812.5円)=72万5000円

優待品:商品セット4000円相当

優待利回り=4000円÷72万5000円×100=0.55%


(1200株保有の場合)

投資金額:1200株×(7250円÷4株=1812.5円)=217万5000円

優待品:商品セット8000円相当

優待利回り=8000円÷217万5000円×100=0.36%


 学研ホールディングスの株主優待品は、優待カタログ掲載の自社グループ商品から選べる「商品セット」。変更前と内容が大きく変わらなければ、書籍や雑誌、文具、玩具などから好きな商品が選べるはずだ。今回の変更は、「1株⇒4株」の株式分割に伴うもので、分割前からの株主にとっては、株主優待利回りの変動はない(※300株以上を3年以上保有する株主に限り、長期保有の優遇制度の内容次第で変動の可能性あり)。分割後は、従来の4分の1の投資額で株主優待の権利が得られるので、保有を検討する価値がありそうだ。


 学研ホールディングスは、教育をベースに事業展開をしており、学習参考書や児童書、辞書を中心とした出版企業のほか、塾や保育園などを運営。サービス付き高齢者向け住宅の企画・開発・運営などの福祉事業も行っている。2020年2月14日に発表した2020年9月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高1.7%増、営業利益12.8%増、経常利益11.5%増、当期純利益44.3%増。サービス付き高齢者向け住宅や保育園事業、学童保育施設の運営受託の事業が順調。






































学研ホールディングス
業種コード市場権利確定月
情報・通信業9470東証1部9月末
株価(終値)
必要株数最低投資金額配当利回り
7250円

※1株⇒4株の

分割後は1812.5円

100株72万5000円

※1株⇒4株の

分割後は18万1250円

1.10%

【学研ホールディングスの最新株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年3月25日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ダイヤモンドオンライン

「株主」をもっと詳しく

「株主」のニュース

「株主」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ