「HOOTERS」日本の運営会社が民事再生法の適用を申請

3月26日(火)19時44分 ねとらぼ

HOOTERS銀座店

写真を拡大

 日本で「HOOTERS」を運営するエッチジェーが3月25日、民事再生法の適用を申請しました。東京商工リサーチが伝えています。
 HOOTERSは2010年に日本に上陸し、チアリーダーをイメージしたスタッフが話題に。エッチジェーは都内の他、名古屋、大阪など計6店舗を運営しています。2016年9月期には売上高約17億700万円をあげていたものの、その後は売上の伸び悩みが深刻化し、2018年に9月期には15億5000万円に減少していました。2019年に入って福岡の店舗を閉鎖しています。
 負債総額は約5億6000万円。6店舗の営業は今後も継続するとのこと。

ねとらぼ

「フーターズ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「フーターズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ