「Things Partner(TM)プログラム」を開始

3月27日(水)11時0分 @Press

NTTコミュニケーションズ (以下 NTT Com)は、IoTプラットフォームである「Things Cloud(R)」※1と連携するセンサーデバイスやIoT-GW※2を保有し、お客さまのDXをフルスタックで推進するパートナーを募る「Things Partner(TM)プログラム」(以下 本プログラム)を2019年4月1日より開始します。

1.背景と目的
現在、さまざまな業界においてIoT活用の取り組みが進む一方で、センサーデバイス/IoT-GWとIoTプラットフォームの接続の難しさ、センサーデバイス/IoT-GWの現地手配作業における手間など、IoT導入に向けて解決すべき課題が顕在化しています。
NTT Comはフルスタックでこれらのお客さま課題に対応し、IoTに代表されるデジタルテクノロジーの導入をより簡易にするため、パートナーとの共創プログラムを開始します。

2.概要
NTT Comが経験とノウハウを有するIoTの活用領域(以下 ユースケース)を中心に「Things Cloud(R)」と連携するIoTセンサーデバイス/IoT-GWの提供パートナーを募り、ユースケースの共創を図ります。

<本プログラムにおけるユースケースとパートナーのイメージ>
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/180523/img_180523_1.jpg

3.参加パートナー
現時点での参加予定パートナーは以下の通りです。(五十音順)
・株式会社ACCESS
・株式会社アットマークテクノ
・株式会社アトムシステム
・株式会社エッチ・ケー・エス
・オプテックス株式会社
・コネクシオ株式会社
・センチュリー・システムズ株式会社
・NISSHA株式会社
・株式会社ネクスティエレクトロニクス
・株式会社フジクラ
・ぷらっとホーム株式会社
・マクニカネットワークス株式会社
・ワッティー株式会社

4.申し込み方法とグレード
参加を希望する企業は以下の問い合わせ先までご連絡ください。
問い合わせ先:iot-partner@ntt.com
本プログラムでは、2つのグレード(Ready/Connected)でのパートナー制度を用意します。詳細はWebサイト※3へ掲載予定です。

5.今後の展開
本プログラムは、「Things Cloud(R)」から開始し、パートナーと連携したIoTのユースケースを拡大させるとともに、センサーデバイス/IoT-GWに対応するeSIMやセキュリティなどの商材も対象として拡大していきます。


※1:「Things Cloud(R)」とは、NTT Comが提供しているIoTプラットフォームの名称です。デバイス接続からデータ収集、可視化、分析、管理などIoTの導入に必要な機能・プロセスを、ノンプログラミングで簡単・短期間に実現できる機能やテンプレートを提供します。
https://www.ntt.com/business/services/iot/iot/iot/things-cloud.html
※2:IoT-GWとは、センサーから送られるデータを受信・加工し、「Things Cloud(R)」へデータを送信する機能を具備した機器です。
※3:「Things Cloud(R)」の開発者向けWebサイト
https://developer.ntt.com/iot/docs/usecase/about.html




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「NTT」をもっと詳しく

「NTT」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ