医療用FEP熱収縮チューブの市場規模-2024年までに1億4,560万米ドルに成長すると予測

3月27日(金)13時0分 ドリームニュース

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療用FEP熱収縮チューブの世界市場:収縮率別 (1.3:1、1.6:1)・用途別 (薬剤送達デバイス (カテーテル)、手術・血管器具、フレキシブルジョイント、絶縁材) の将来予測 (2024年まで)」 (MarketsandMarkets) の販売を3月27日より開始いたしました。

熱収縮チューブは、押し出されて平板状に拡張された高分子材料で構成されています。押し出されたチューブは、特定の温度に加熱されると収縮するように設計されています。熱収縮チューブには、とりわけ、耐摩耗性および耐薬品性、耐熱性、機械的耐性、電気絶縁性など、いくつかの利点があります。医療業界では、FEP熱収縮チューブは、カテーテルや内視鏡など、より複雑な医療機器の設計に使用されます。また手術器具の柔軟な接合や融合、電気絶縁にも使用されます。医療用FEP熱収縮チューブの市場規模は、2024年までに1億4,560万米ドルに達し、2019年から2024年の間に7.2%のCAGRになると推定されています。

米国、ドイツ、中国、日本が主要市場です。これらの国では、医療産業の著しい成長、医療機器の強力な生産能力、医療費の増加、低侵襲手術の選択の増加が市場の成長につながっています。マイクロカテーテルの需要の増加、手術器具市場の成長、および低侵襲手術に対する選好の高まりにより、FEP熱収縮医療用チューブ市場が推進されています。世界中で、慢性疾患のインスタンスが増加しているため、より多くの介入医療処置が行われています。これにより、さまざまな外科用機器やアクセサリーの需要が増大しています。新興国での医療産業の成長は、FEP熱収縮医療用チューブメーカーにチャンスをもたらしています。ただし、FEP熱収縮医療用チューブのコストが従来の医療用チューブよりも高いため、市場の成長が妨げられています。

1.6:1の収縮率のFEP熱収縮医療用チューブは、より広範なコンポーネントの形状とサイズをカバーするため、主に医療業界で好まれています。 とりわけマイクロカテーテル、手術器具、血管器具、医療用シャフトなどで広く使用されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama928719-fep-heat-shrink-medical-tubing-market-by-shrink.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F




配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

ドリームニュース

「医療」をもっと詳しく

「医療」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ