通貨協定、日本と再締結期待=「市場安定に寄与」—韓国首相

3月27日(金)18時23分 時事通信

 【ソウル時事】韓国の丁世均首相は27日、ソウルの外信記者クラブで記者会見し、日本との通貨スワップ(交換)協定について、「長く続いた歴史がある。市場安定への寄与が大きい」と述べ、再締結への期待感を示した。ただ、「日本側の立場から延長されなかった」と指摘し、締結には日本政府の意向が重要だと語った。
 日韓は2001年に協定を締結したが、関係悪化に伴い15年に失効。16年には再締結への議論開始で合意したものの、同年末に釜山の日本総領事館前に慰安婦少女像が設置され、日本政府が対抗措置として協議を中断した。 

[時事通信社]

時事通信

「通貨」をもっと詳しく

「通貨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ