BtoC送金「pring」、スマホで経費申請ができるマネーフォワードクラウド経費と提携

3月27日(金)15時55分 PR TIMES

ーキャッシュレスな送金で振込み手数料を大幅削減ー

株式会社pring(本社:東京、代表取締役:荻原充彦)が提供する、法人から個人のスマホに送金できる「業務用プリン」は、株式会社マネーフォワード(本社:東京、代表取締役社長CEO 辻 庸介)の提供するスマホで経費申請ができるマネーフォワードクラウド経費と提携いたしました。これにより、「業務用プリン」と「マネーフォワードクラウド経費」の両サービスを利用する事業者は、送金対象者のデータ管理と、送金作業における業務負荷を軽減できます。

[画像: https://prtimes.jp/i/34071/104/resize/d34071-104-953332-0.png ]


【提携概要】
業務用プリン導入企業では、送金データファイルを作成、アップロード後、複数名の送金先に一括で送金ができます。今回の提携によりマネーフォワードクラウドで承認された送金情報を元に数クリックで業務用プリンの送金データ作成が可能となり、24時間365日送金が可能となります。
これにより、スマホで申請・受け取りができるペーパーレス・キャッシュレスな経費精算が実現できます。

【マネーフォワードクラウド経費との提携について】
多くの企業では、経費申請から送金までにかかる申請・承認・送金までのタイムラグがあり、経理側の工数と従業員側の立て替え負担が課題となっております。マネーフォワードクラウド経費を導入することで、スマートフォン・PCどちらからも経費申請が可能になります。さらに、マネーフォワードクラウド経費と業務用プリンが提携することで、経理側で発生する振込み元のインターネットバンキングへのログインの手間や、振込み先を選択→金額を入力という銀行振り込みで発生する作業が削減されます。よって、経費申請から送金の際に発生する入力間違え・経理部門の工数削減が可能となります。

【株式会社マネーフォワードクラウド経費本部 本部長 今井義人様より】
これまで経費の精算は銀行振込、または現金の手渡しで行うのが一般的でした。銀行振込は振込手数料が発生したり、給与と合わせて振り込むために、精算までに1ヶ月以上かかるという問題があります。一方、現金での支給は管理が煩雑という問題を抱えていました。「業務用プリン」による精算では、低コストかつ短い期間で従業員に送金する事ができ、管理側の工数削減と一般従業員の満足度向上の両方に寄与できるものと考えます。今後も法人のキャッシュレス活用を共に推進していきたいと考えています。

■「業務用プリン」とは
「業務用プリン」は、「送金アプリ『pring(プリン)』」を通して、法人から、個人のスマホに送金ができるサービスです。
経費精算や業務委託報酬の支払いなど、これまで煩雑だった従業員や取引先とのお金のやりとりを、個人のスマホに送金することで解決します。しかも、振込手数料は従来のおよそ半額以下に抑えることが可能です。
また、送金したお金は24時間365日、いつでも送った瞬間スマホに着金。受け取ったお金は、手数料無料で銀行口座に戻したり、セブン銀行ATMで現金として引き出すことが可能です。
詳しくは:https://www.pring.jp/business/

■マネーフォワードクラウド経費とは
『マネーフォワードクラウド経費』は、「完全自動化※」「スマホで完結」「ペーパーレス」を特長とし、面倒な経費に関する作業を大幅に削減するクラウド型の経費精算システムです。中小企業の経営者や経理等のご担当者、確定申告の準備中の方から経費精算申請をするビジネスマンまで、経費精算に関わる全ての方がご利用いただけます。
詳しくは:https://biz.moneyforward.com/expense
※ クレジットカードやICカードの利用履歴の自動取得やオペレーター入力を組み合わせることで、手入力がゼロになる状況のことを意味しています。

【株式会社pring 会社概要】
https://www.pring.jp
所在地:東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 3F
事業内容:送金アプリ「pring(プリン)」の企画、開発、運営

【株式会社マネーフォワード 会社概要】
https://biz.moneyforward.com/expense
所在地:東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
事業内容:インターネットサービス開発

PR TIMES

「経費」をもっと詳しく

「経費」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ