スケートの「ミス・パーフェクト」が語る英語へのチャレンジの軌跡! 『宮原知子の英語術 スケートと英語のさとこチャレンジ』刊行

3月27日(金)16時25分 PR TIMES

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は『宮原知子の英語術 スケートと英語のさとこチャレンジ』を2020年3月28日(土)に刊行いたします。フィギュアスケート選手としての数々の挑戦を支えてきた英語力向上の軌跡を綴ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/6883/resize/d7006-6883-823974-0.jpg ]


2019-2020シーズン、カナダでのトレーニング、新テイストのプログラム等、新たなチャレンジに挑んできた宮原知子選手。そのチャレンジを支えたのは、幼い時から継続して取り組んできた英語力でした。

「読めるけど、自分から英語で話しかけられない」という悩みを抱えていた宮原選手。いまや外国人コーチとも英語でやりとりしメディア取材も英語で答えるほどの実力を身につけています。その背景にはどんな努力があったのか、本書で語りつくしました。


第5章では宮原選手が実際に使用するフレーズやファンへのメッセージを英語で掲載。また、本の中で使用しているイラストはすべて宮原選手の描きおろし。ファン待望の1冊です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/6883/resize/d7006-6883-810909-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/6883/resize/d7006-6883-733683-2.jpg ]




著:宮原知子(みやはら さとこ) 

1998年京都府生まれ。フィギュアスケート選手で種目は女子シングル。幼少期を過ごしたアメリカでスケートと出合う。帰国後に本格的にフィギュアスケートを始め、国内外の大会で活躍。2014年から2017年にかけて全日本フィギュアスケート選手権4連覇を果たし、2015年には世界選手権2位となる。2018年の平昌オリンピックに出場し、個人戦で4位、団体戦で5位と入賞を果たす。努力を怠らず、地道に完ぺきな演技を目指すことから「ミス・パーフェクト」と呼ばれる。好きなものはパイナップル。息抜きは料理と塗り絵。


書籍概要


[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/6883/resize/d7006-6883-823974-0.jpg ]


『宮原知子の英語術 スケートと英語のさとこチャレンジ』
著:宮原知子

定価(本体1,500円+税)
仕様:四六判/並製/2色(冒頭写真ページのみフルカラー)/176P 
ISBN:978-4-04-604452-5 
発行:株式会社KADOKAWA


KADOKAWAオフィシャルサイト
https://www.kadokawa.co.jp/product/321905000848/

Amazon商品ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4046044527/

PR TIMES

「英語」をもっと詳しく

「英語」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ