アート作品を1万円から共同保有できる「ANDART」、人気現代アーティスト ジュリアン・オピーによる大型8枚組作品が本日3月27日12時より本販売開始!

3月27日(金)14時15分 PR TIMES

株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、2019年東京開催の大型個展も大盛況だったイギリスを代表する現代アーティストJulian Opie(ジュリアン・オピー)の人気シリーズ8枚組を本日正午12時より販売開始します。事前注文期間を終え、本販売ではより詳細な作品情報や市場データが追加され、販売開始されます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/42284/23/resize/d42284-23-885122-0.jpg ]



ANDARTとは

ANDART(アンドアート)は、高額な有名アート作品や大型作品でも1万円から共同保有できる日本初の会員権プラットフォームです。”日本中をみんなの美術館に”をコンセプトに共同保有された作品は明治神宮、虎ノ門ヒルズ、GINZA SIX内などで公共展示され、作品オーナー(会員権購入者)はオーナー限定の優待を受けることができます。ANDARTでは2019年6月のβ版リリース以降7作品の販売を行い、現在取扱高は累計1.2億円を突破いたしました。

サービスURL:https://and-art.jp/
Twitter   :https://twitter.com/ANDART_official


本日販売作品のご紹介

Julian Opie(ジュリアン・オピー) ”New York Couples”
販売開始:3月27日(金)12時(正午)〜

イギリスを代表する現代アーティストであるジュリアンオピーが魅せる点と線の究極の省略美が詰まった本作。オピーの代表モチーフとも言える最小限の視覚言語で構成された人物像の大型作品。

[画像2: https://prtimes.jp/i/42284/23/resize/d42284-23-491505-1.png ]


<作品情報>
・タイトル    “New York Couples”
・アーティスト  Julian Opie(ジュリアン・オピー)
・制作年     2019年
・サイズ     125.2 x 91.2 x 4.5 cm(一枚あたり)
・出品元     Private Collection(来歴:Cristea Roberts Gallery、MAHO KUBOTA GALLERY)

<販売情報>
・購入価格    10,000円~
・販売方式    先着順
・注文ページ   https://and-art.jp/works/8

<作家プロフィール>
Julian Opie(ジュリアン・オピー)
1958年ロンドン生まれ。イギリスの現代美術を代表するアーティスト。
風景や人物など、アートにおける古来からの主要なモチーフをピクトグラムやアニメの表現を連想させるシンプルな描画と色彩表現で極限まで簡略化する表現がアート界のみならず広義のカルチャーシーンで大きな支持を集め続けている。日本の美術にも造詣が深く、広重や歌麿などの浮世絵の収集家でもあり、作風への影響もよく知られている。ニューヨーク近代美術館、大英博物館、テートギャラリーなど世界の主要な美術館に加え、日本では東京国立近代美術館、国立国際美術館、高松市等にコレクションされるなど世界の現代アート界において重要なアーティストのひとり。
また、アートの枠を越えたプロジェクトも多数手がけており、Blurのアルバムジャケット、英国ロイヤルバレエ団やU2のステージデザイン等を行った。近年もイギリス、ドイツなど世界中で大規模な展覧会が開催され、2019年の東京オペラシティーアートギャラリーでも大盛況で幕を閉じた。

<作品解説>
8枚1組でNYを行き交う二人組が描かれ、「点」と「線」という最小限の要素で構成されたオピーらしい大型の人物画。一つの作品だけでも縦125cmあり、横から覗き込むと人物の部分が立体的に浮き出る本作全てが並んだ時の存在感は圧巻。 主題である「歩く人々」はオピーの最もポピュラーなモチーフの一つでニューヨークの街を闊歩する人々の姿を実際に撮影し、その写真をもとに大都市の多様性とダイナミズムが表現されている。 日本国内ではGMOインターネット株式会社や株式会社電通といった大企業のオフィス内で常設展示がされるほどポピュラーな現代アーティストであるオピーは、人間の最も原初的な姿を「立像」と「歩く姿」に見出し、一貫して様々な都市の人々の姿を作品化しているとされている。単純化された人物像のディテールに宿るふとしたリアリティが世界中の人々の心を掴み続け、アートマーケットデータからも年々その人気がうかがえる。

<市場情報>
オピー作品はMoMA、大英博物館、テート・モダンなど世界の主要な美術館だけでなく、日本では東京国立近代美術館、国立国際美術館、東京国立近代美術館など、欧米アジア問わず世界中の美術館に収蔵されていることからも評価の高さが伺える。国内においてもGMOインターネットグループや電通の本社に作品が展示されている他、表参道ヒルズのオープニング時のプロジェクトへのアサイン、2014年のユニクロとのコラボレーション、2019年には瀬戸内国際芸術祭での展示(香川県高松市による所蔵)、2020年のUniqlo Lifewearのカバーアートを飾るなど日本での活動は多岐にわたる。2019年7-9月に東京オペラシティアートギャラリーで開催された大規模個展は、国内では11年ぶりの開催となり、大盛況だったことからも日本国内でのファンの多さが見てとれた。Artprice社が発表するオークションでの落札総額実績を元にした現代アーティストランキングにおいては、年々ランキングを上げ、2018-2019年の実績では120位と高ランクを記録していることからもセカンダリーマーケットでの需要の大きさも感じられる。


注文の方法

ANDART(https://and-art.jp/)へ会員登録後、サービスページ内でご注文いただけます。

1.ANDARTにログイン
2.注文したい作品の作品ページ内でオーナー権の購入数量を選択
3.お支払い方法(クレジットカードまたは銀行振込)を選択
4.購入内容と支払金額を最終確認して注文を確定
5.各販売回での販売数が完売し、成立されてオーナー確定を待つ
※販売成立後、自動で決済されるため追加の対応は必要ございません。※本人情報入力・本人確認・口座情報入力がお済みの方のみ購入が可能です。


会社概要

会社名 :株式会社ANDART
代表者 :松園詩織
所在地 :東京都渋谷区渋谷1-8-5-102
設立  :2018年9月
HP  :https://and-art.co.jp/


これまでのメディア掲載

・日本経済新聞「美術品取引 個人も気軽に スタートバーン、電子証明書で信頼感 アートゲート、数万円から共同購入」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43092080Z20C19A3FFR000/
・ワールドビジネスサテライト「日本初!アートを共同保有」番組内で特集頂きました。
・日経産業新聞「アートシェア登場、あなたも絵画の「一口オーナー」に https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53169980Q9A211C1X11000/
・GOETHE「シェアビジネスの新潮流! たった1万円で有名アート作品のオーナーになる!」https://goetheweb.jp/person/slug-na614b4991002
・Forbes「1万円からはじめる「アートの共同保有」は、日本人の美意識を変えるか?」https://forbesjapan.com/articles/detail/31624

PR TIMES

「アーティスト」をもっと詳しく

「アーティスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ