サンケイリビング新聞社、株式会社こどもりびんぐとの『あんふぁん』『ぎゅって』事業譲渡契約締結のお知らせ

3月27日(金)16時55分 PR TIMES

女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行するサンケイリビング新聞社(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:細井 英久)は、幼稚園児とママの情報誌「あんふぁん」、働くママと園児の情報誌「ぎゅって」事業において、株式会社小学館集英社プロダクションの全額出資子会社である株式会社こどもりびんぐ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中島 一弘、以下「こどもりびんぐ社」)と事業譲渡契約を締結し、「あんふぁん」「ぎゅって」事業の運営主体をこどもりびんぐ社に移管することをお知らせいたします。

「あんふぁん」は2001年に創刊、「ぎゅって」は「あんふぁん」の保育園児版「あんふぁんぷらす」(2012年創刊)を改称・リニューアルして2017年に創刊され、「あんふぁん」は幼稚園連合会・連盟・協会に承認、「ぎゅって」は公益社団法人全国私立保育園連盟、加盟保育園ほかの承認・協力を得て全国約1万の幼稚園や保育園に対し100万部以上配布され、幼稚園や保育園の先生が連絡BOXやバッグに入れて全国のママの手に届くメディアです。

両ウェブサイト(「あんふぁんWeb」「ぎゅってWeb」)の利用者数は2年間で約8倍以上に成長し、昨年7月にはニュースアプリ「SmartNews」にてチャンネルプラスを開設するなど、コンテンツへのニーズが高まっています。

昨年12月には、ともにこどもたちと向き合って媒体を展開してきたサンケイリビングと小学館の学習雑誌が手を携え、現代のこどもたちの実像を明らかにするための『こども りびんぐ』プロジェクトが開始されました。

『こども りびんぐ』プロジェクトでは、「2019年流行チェック 『こども ザ・ベストテン』」をはじめ、サンケイリビングと小学館の両社の会員ネットワークを活用したこどもたちやママ・パパたちに関する調査・分析ならびに両社の媒体を活用した調査結果の発信を行ってまいりました。

今回、その取り組みをさらに加速させ、外部パートナーとの連携も踏まえた各種商品やイベントの企画開発など、プロモーションの枠を越えたマーケティング領域全般への展開を行い、現在のこどもたちへの深い理解をもとにしたアプローチを実施することにより、こどもたちに寄り添った商品やサービスを生み出すマーケティング活動の支援を行うことで、こども市場の活性化を支えていくために協議した結果、小学館集英社プロダクションの子会社であるこどもりびんぐ社へ事業を譲渡する運びとなりました。

◇事業移管の手続き完了時期について
事業譲渡に伴い、サンケイリビング新聞社より、各事業に携わる人員がこどもりびんぐ社に移籍し、引き続き事業運営にあたる予定です。なお、各事業の運営主体はこどもりびんぐ社となりますが、事業移管の手続きの完了は2020年秋頃を予定しております。

〈あんふぁん・ぎゅってについて〉
■幼稚園児とママの情報誌「あんふぁん」媒体概要 https://enfant.living.jp/
発行エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道・東北・関西・東海・広島・九州
発行部数 :10エリア 計 71万4800部
配布形態 :幼稚園を介して先生から園児、ママへ手渡しされます

[画像1: https://prtimes.jp/i/5157/392/resize/d5157-392-979481-0.jpg ]



■働くママと園児の情報誌「ぎゅって」媒体概要 https://gyutte.jp/
発行エリア:首都圏・関西・東海
発行部数 :3エリア計 34万3200部
配布形態 :保育園を介して先生からママへ手渡し、または連絡BOX やバッグに入れて手元に届きます


[画像2: https://prtimes.jp/i/5157/392/resize/d5157-392-848061-1.jpg ]

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ